富岡保育園へようこそ!「伸びる。成る。子どもも大人も互いに伸び合い、成長し合う『大きな家』でありたいと願い、社会福祉を支えています。

富岡保育園

副園長ブログ

ホーク・ウォッチャーに習う

鳥の鳴き声が、四方八方に耳にふれるようになってきました。とみほ村は、日本で言えば西部にあたる岡山県のなかの、そのまた最西南部にあたる笠岡市にあります応神山の麓あたりに位置しています。ただいま鳴いている鳥は、はたして何て鳥なんでしょうかね?(※鳥に詳しい方は教えてください。岡山県笠岡市富岡605まで御足労おかけしますが宜しくお願い致します。)


鳥と言えば‥購読しています「月刊 たくさんのふしぎ~都会で暮らす小さな鷹 ツミ~」兵藤崇之さん著書から‥

まず“ツミ”という鳥は、全長30㎝のワシやタカの中で1番小さい猛禽類に属する鳥なんだそうなんですね。野生の猛禽類の姿を見ることはかなり難しいなか、関東地方の都市でツミが観察されるようになったんです。

ツミは他の多くの猛禽類と同じく、春先に南から日本にやってきて各地でヒナを育てた後、秋に南へ渡っていきます。ちなみに猛禽類の「渡り」の経路は種類が違うと大きく異なるんだそうで、ツミに関しても飛行経路はまだ分かっていないんだそうです。

(※ツミに関してより詳しく知りたい方は是非この本を手に取ったり調べてみてくださいね。ツミのオスとメスの見分け方や、狩りの仕方、また恋の始まりや、巣作りについてなど、作者の優しいイラストと文章で展開されていますよ。)


さて、そんなバード・ウォッチャーならぬ、ホーク・ウォッチャー(タカを観察する人)の心得が記されていましたのでご紹介しておきましょう。

作者である兵藤さんは、会社へ行く前や、休みの日にツミを観察してその様子を記録してきました。観察ノートを読みかえしてみると“多くのできごとが毎年の繰り返しのように見えて、実はそのとき一度限りの貴重なもの”だったことが分かるんだそうです。

ちなみに観察者はできるだけ動かないほうが良いそうなんです。ツミから離れた太い木の幹のかげや、木の枝の下で椅子に座って、“木になったつもりで観察する”、これを“木化け”と称していました。

さらに注意していこととして‥

・ツミにストレスをかけないように

・まわりに住んでいる人たちの迷惑にならないように

・巣の場所は秘密に


バード・ウォッチャー、ホーク・ウォッチャーと並んで、アソベルコドモ・ウォッチャーの見守る保育者たちの心得も似ているように感じたのは僕だけでしょうか。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

アソベルコドモ・ウォッチング
2022-03-14
プロの感性を拝借しちゃおう

ひと足早めにお花見に行ってまいりました。と、言いつつも美術館にて絵画や版画を通してです。

とみほ村の富岡保育園から徒歩で15分もあれば着きそうである、岡山県笠岡市「竹喬美術館」に、はじめて足を運んでみました。たぶん季節がら、春を迎える梅や桜などが描写される作品が多くあったように感じます。

実際のお花見であればやっぱり梅や桜などに焦点をあてて見ちゃうのですが‥おもしろいもので絵画や版画となると、梅や桜の背景として描かれている木々や山々などにも目がいくんですね。つまりは、自分の感性では見えていなかったものが、画家たちの感性によって見てくるようになるんです。もしも僕がこの感覚を桜が開花するまで持ち続けられていたら、桜の背景もふくめて感動できるはずなんだけど‥そう上手くいくとは思わないようにしておこうと思います。


さて、上記と似たような感覚は、とみほ村の富岡保育園でも味わえることを経験談としてお話しておこうと思います。

とみほ村の富岡保育園には、Narrative Tree(ナラティブツリー)というプロの現場保育者が園児や自ら、また仲間の保育者たちの“心の動き”を綴った物語集があります。

題材となっているのは、ほとんどが日常の暮らしの場面なんですね。2歳ごろの女の子が上着を着ようともがいているところだったり‥5歳ほどの男の子たちがウッドデッキの下にたむろして遊んでいるところだったり‥。

なんのきなしに見ていると見逃しがちな場面ばかりなのですが、プロの現場保育者たちの綴った物語集を読むことで、おもしろいもので日常の暮らしの場面に想いを馳せることができてくるんです。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

すみっこぐらしだと思います。
2022-03-13
水六訓

私設公民館とみほ村文庫“破天荒館長”と自称しておりましたら‥いくにんかに、「朝ドラ(NHK「カムカムエブリバディ」)に出てくる“破天荒将軍”をもじったんですよね?」と呼応してもらいました。

しかしながら、実のところは違うんですね。私設公民館とみほ村文庫にて最近借りました「破天荒 人間笹川良一」山岡荘八さん著書から影響を受けて“破天荒”と自称してみたんです。本当に破天荒な人は自分のことを“破天荒”だなんて言わないですから、僕は山岡荘八さんが綴った笹川良一さんに憧れていると思ってくれたらよいかと思います。

ブログ読者の方で、大正や昭和初期生まれの方ならばピンとくるのかもしれませんが、なにせ昭和もほぼ終わるころに生まれた僕には、「笹川良一って誰なんだろう?小説のなかで作られた人なのかな?」程度で読み進めてみると、現存していた人物ではないですか。

もしも笹川良一さんを何となく知っている人であれば、「右翼の!?競艇の!?お金儲けのうまい怖い人よね!?」って言葉が出かねないのですが‥山岡荘八さんが記した笹川良一さんは、世のため人のために、自分の理念に固く基づいた活動を縦横無尽に駆け回って行う人なんです。私利私欲にとらわれず無休無給で、困っている人がいれば手を差し伸べ、悪は断ち切り、非暴力を訴えた方なんですね。

読破し終えると、しぜんと背筋がゾクゾクと伸びるとともに心臓までもがキリリと引き締まるような思いに駆られました。

いましがた、現代では柔軟さや多様性さなどが求められてきていますが、それはどことなく「空気を読んでね。察してね。」と言わんばかりの閉塞感や窮屈さを僕はときおり感じたりもします。そんな時に、信念や理念などに確固たる気持ちを込めて活動を行った笹川さんには魅力されても仕方ないじゃないですか。

ちなみに、実は僕のように笹川さんを知らない方も、笹川さんにはお世話になっているかもしれませんよ。僕の育った浅口市寄島町には海洋センターと称した「B&Gセンター」がありました。プールと体育館があって、小学生のころによく通って遊んでいました。その「B&Gセンター」は青少年の健全な育成のために笹川さんの寄付で作られたものだったんですね。

そして、僕の微かな記憶を頼ると、「B&Gセンター」の入り口には『水六訓』と記された石碑があったのですが、これは笹川さんの座右の銘だったそうなんです。

せっかくなのでブログ読者の方にもご紹介しましょう。


『水六訓』

一、あらゆる生物に生命力を与えるは水なり。

一、常に自己の進路を求めてやまざるは水なり。

一、如何なる障害をも克服する勇猛心と、よく方円の器に従う和合生とを兼ね備えるは水なり。

一、自ら清く他の汚を洗い清濁併せ容るの量あるは水なり。

一、動力となり光となり、生産と生活に無限の奉仕を行い、何等報いを求めざるは水なり。

一、大洋を充し、発しては蒸気となり、雲となり、雨となり、雪と変じ、霰と化してもその性を失わざるは水なり。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

2022-03-12
腕っぷしだけでない格好良さ

“男が台所に立つもんじゃない”

令和時代、まさに死語と認定してよさそうな文言ですよね。


とみほ村の富岡保育園では、にじグループ(3.4.5歳児生活グループ)のお昼ごはんで食べるご飯のお米を、毎日かわるがわる子どもたちと保育者で研いで炊いています。特に当番表などは設けておらず、お米当番の保育者が準備にとりかかろうとすると、たいてい炊きたい子どもが寄ってきてとりかかるスタンスなんですね。

「おいしくな〜れ」と魔法の呪文を唱えるように冷たい水でお米を研ぐ姿には、それ相応の職人をイメージしてもらえればよいかと思います。

小学校就学前ごろまでには、すでに何十回と研いで洗う経験を積んでいますので、“男が台所に立つもんじゃない”世代⁉︎の僕に比べれば、いかようにも頼り甲斐のある子どもたちです。


さて、そんな魔法の呪文を唱えるお米研ぎ職人たちが、「きょうもおいしいご飯つくったろーか‼︎」と威勢の良いおももちで、キッチンへむかっているところへ遭遇した場面をご紹介してみたいと思います。

今日のお米研ぎ職人は、男の子ふたりでした。ふたりとも就学を控える、園内の子ども集団で言えば、腕っぷしと威勢の良い男の子たちです。

ふたりは、エプロンと三角巾を携えてきて、その腕っぷしのよい腕を通し、そして背中のあたりで紐を結ぼうとしていました。

そんなときに、先にエプロンを身につけ紐を結ぼうとしていたB君が、背中の後ろでごそごそ、ごそごそしながら、いわゆる結ぶことが上手くいっていなかったんですね。すると、後にエプロンを身につけこれから紐を結ぼうとしていたA君が、すかさず‥

「おい‼︎B君‼︎(実際は勢いのある呼び捨てです)俺がやってやるけん、後ろ向け‼︎」

と、ちゃちゃっとB君のエプロンの紐を結んであげたんですね。B君は御礼を言ってちゃちゃっと手洗いをしようとしたところ、A君がすかさず‥

「おい‼︎B君‼︎(実際は勢いのある呼び捨てです)俺のもやってくれや!」

と、B君に自分の後ろを向けて紐を結んでもらっていたA君。

腕っぷしや威勢だけでない、魅力溢れるカッコ良さでしたよ。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

仁義
2022-03-11
Cちゃんの優しい声援の中で

「おかあさん、おしごとがんばってね‼︎」

とみほ村の富岡保育園の朝。登園してきたある親子の会話。子どもが母親へ向けて励ましの言葉で見送っている場面でした。“いってきます”と微笑んでお仕事へ出かけていく母親の背中には“やわらかい愛情”のようなものが感じられました。

対照的に‥「ママがいい〜‼︎」

子どもが母親へ向けて離れ離れになることへの不安をぶつけている場面もありました。子どもの気持ちも分かるんだけど、お仕事にも行かなくちゃいけない‥葛藤に葛藤を重ねながら、“おねがいします”と勇気を振り絞ってお仕事へ出かけていく母親の背中、こちらにもやはり“やわらかい愛情”のようなものが感じられました。


さて、いろいろな朝があって、きょうもどんなドラマが待っているのでしょうか?ブログ読者の方にとって素敵な1日になることを願っています。

それでは本日の景気づけに‥昨日に続きましてNarrative(ナラティブツリー 富岡保育園保育者が綴る愛の物語)をご紹介したいと思います。


Title 字が読めなくても

にじグループ(3.4.5歳児生活グループ)で遊んでいたA君(3歳7ヶ月※2歳児)がカルタを手に持ち、「せんせいー‼︎一緒にやろー‼︎」と私を誘ってきました。

「いいよー‼︎」と言ったものの‥ひらがなが読めないのにカルタできるの⁉︎と、一瞬私は思ったのです。

「先生が読もうか?」と言うと、「A君(自分のこと)が読む‼︎」ときっぱりと言いはります。

様子を見ながらカルタを並べていると、Bちゃん(6歳0ヶ月)も、「(わたしも)やる‼︎」と言い一緒に参加しはじめました。


さてどうやってやるのかな⁉︎と思っていると、読み手のA君は、ひらがなが書かれているカルタを私たち(先生とBちゃん)に見せるんです、「ハイ‼︎」と言いながら。

すると、そのA君が見せたカルタのひらがなを見てBちゃんはとったのです。なるほどと思い、私も(先生)も一緒にカルタをとりました。

ときおり、見つからずに悩んでいると、A君は、「ココ‼︎」と指をさして私とBちゃんに教えてくれます。


その様子を、Cちゃん(5歳7ヶ月)は拍手をしながらニコニコと見守ってくれています。

ひらがなが読めなくても大人が教えなくても‥あそびの中から自分が興味をもった時に、そのチカラは“ぐん”と伸びるように感じた場面でした。

そして最後に、A君は‥『ね』と『れ』のカルタを指さして、「似とる‼︎」と私に教えてくれました。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・ワンコインランチ・保育実習・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

2022-03-10
ミマモリストが綴る愛の物語

朝日の登りと、夕日の沈みとの間がどんどんと長くなっているように感じます。要するに日が長くなっているってことだと思います。日が長くなるにつれ、登園時間も少し早くなるような、また帰宅にあたっては、「ママ、お迎え早い‼︎」との会話が増えているような気がします。子どもたちの行動や言葉は自然の摂理に忠実なのでしょうね。


さて、本日はミマモリスト(富岡保育園見守る保育者)たちが綴りますNarrative Tree(ナラティブツリー)をご紹介しますね。

※Narrative Treeとは‥子どもたちの“心の動き”や、また筆者や仲間の保育者の“心の動き”などを綴った物語です。富岡保育園内に管理していますので、読みたい方はお申し出ください。


Title よしよし

Aちゃん(1歳6ヶ月)が朝の遊びの時間、眠たくて泣いていたので、保育者が布団を敷いてあげると、その上で泣いたり泣き止んだりしながらゴロゴロしてゆっくりしていた。

Bちゃん(1歳10ヶ月)は1人でおもちゃで楽しそうに遊んでいた。

そんな時、Bちゃんにある子どもが向かっていった。そしてBちゃんにしがみついたり、押したり叩いたりしてしまった。Bちゃんは大泣きし始めた。

保育者はその時、泣いていた赤ちゃんを抱っこしていたため、「やめてあげて‼︎」と声をかけるだけで、すぐに助けに行ってあげることができなかった。

保育者の声かけでその子どもはBちゃんから離れたが、Bちゃんは嫌だったのかずっと泣いている。

すると、さっきまで眠たくて泣いていた布団の上でゴロゴロしていたAちゃんがすっと立ち上がり、保育者が抱っこしている赤ちゃんのところに来て、頭を“よしよし”し始めた。

その時、赤ちゃんはもう泣き止んでいたので、保育者が、「Bちゃんが泣いているよー。」と声をかけると、AちゃんはすぐにBちゃんのところに行って、Bちゃんの頭を“よしよし”して大丈夫?と言っているような顔で、Bちゃんの顔をのぞき込んでいた。

そのAちゃんの“よしよし”のおかげで、Bちゃんはすぐに泣き止んだ。

そして、泣き止んだBちゃんを見て満足そうにAちゃんも遊び始めた。


Aちゃんは自分が泣いて、ぐずぐずしていたのに、泣き声を聞くと、自分のことはおいといて、Bちゃんのところに行って、頭を“よしよし”してあげていて、とっても優しい子だなと感じた。そして子どもたち同士で助け合える姿に、感動をした。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

2022-03-09
その台詞は誰かに都合が良い

「女の幸せは〇〇」といった台詞を聞いたことがありますか?

たいていテレビドラマなんかで、ちょっと偉そうなおじさんが、「女の幸せは家事と子育てをして家庭を守ることだ‼︎」なんて台詞を吐き捨てたりしますよね。もしもそれに歯向かっちゃったりすれば、「誰のお陰で飯が食えてんだ‼︎」って怒鳴られる展開が目に見えそうです。

この展開に物申している方がおられました。「ミステリと言う勿れ」という田村由美さん原作の漫画で、天然パーマが過ぎて空気があまり読めずに平気で意見を語り出しちゃう主人公が‥「それって、偉そうなおじさんにとって都合が良いからでしょ。」って物申しちゃったんです。洗濯物をしたり、またその途中で赤ちゃんが泣いてあやしたり‥掃除をしたり、またその途中で赤ちゃんのオムツを替えたり‥「あー。1日何やってたんだろうー。」って達成感とは対になりそうな感情が生まれかねないものを“幸せ”という言葉でおさめようとしてるのでは‥

※主人公の冷静な説明を詳しく知りたい方は是非原作の漫画を読んでみてくださいね。


もうひとつ似たような台詞を紹介してみたいと思います。

「子どもは3歳までは家でみるもんだ‼︎」

ブログ読者の方で昭和生まれの方ならば一度は聞いたことがあるかもしれません。

この台詞の背景には、「女の幸せは〇〇」が絡んでいるように思いませんか?もしかすると偉そうなおじさんにとって都合の良い台詞なのかもしれませんよね。

ちなみに‥子どもを3歳まで家でみることでの、発達に関するメリットは科学的根拠に基づいてありません。むしろ、デメリットは科学的根拠に基づいてあると言えます。

(もしも、10人兄弟であったり、近所に子どもたちがたくさんいて、“子ども同士”の関わり合いを自然に多く持つことができるのならば話は別になりますが‥)

※“子ども同士”の関わり合いによる発達に関するメリットについて詳しく知りたい方は岡山県笠岡市富岡605まで是非足を運んでみてください。いっしょに学びましょう。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

★私設公民館とみほ村文庫では、本の貸出も行っています。借りたい本がある場合は、破天荒館長までお申し付けくださいね。

2022-03-08
熊本県八代産の畳を使用中

「遊び込んどるな〜。畳も本望じゃろうなー。」

ある方が思わずこぼした一言。


年度末は特に、園内や園庭などなど全ての環境調整を行う時期でもあります。それぞれの専門業者の方たちと、それぞれに打ち合わせを行っています。

冒頭に一言こぼされた方は、畳職人の方です。(※畳工房大和)とみほ村の富岡保育園の母屋には畳の敷かれた和室が2部屋あります。ともに、いぐさの産地である「熊本県八代産」の畳を使用しています。人工ではなく本物の畳ということです。

さらに、2部屋のうちの1つの部屋の畳には、畳と畳の間に“藁(わら)”を使用していることもあって、ほんのすこしですが、柔らかいんですね。

畳職人「藁を土台にしているから、使っていると若干の凹凸ができてくるんだけど‥子どもたちが転んだりした時の感触は、藁の方が痛くないはず。」

ちなみに、畳の色について質問してみると‥

畳職人「緑色などの焼けていないままの畳は人工的に塗っているんですよ。ここ(富岡保育園)で使っているのは、国産の良い“いぐさ”だから、日に焼けても、バランス良く枯れた良い色になっているんですよ。」

畳への愛が、そのまま語気にのっているほどに、熱く情熱的に説明して下さいました。


「うわ〜。すごいな〜。よー遊んどるわ〜。」

と、こちらも思わず一言二言こぼされました。こちらは、園庭の木々の剪定や、築山などの整備に携わって頂いています、庭職人の方。(寿久園)

年に一度、樹齢180年を超える貝塚伊吹の木を筆頭に、中庭の銀木犀やジューンベリーの木、裏庭のどんぐりの木などなどの剪定をお願いしています。もちろん木の種類によって、剪定のタイミングだったりも違います。

またこのたびは、イキイキした芝生が張られていた築山が、一年を通してしっかり遊び込んだのでしょう、芝生はおろか、土の部分も削れてしまったため補修をお願いしました。

ただ、このたびの築山の補修は、削れてしまってできた“起伏”を上手く利用した、New築山を目指す予定になりました。乞うご期待下さい。


それぞれの職人さんたちは、常に「どのようにしたら子どもたちはもっと楽しめるだろうか」「どのようにしたら子どもたちは安心して安全に遊べるだろうか」と、それぞれの専門技術と熱い想いで試行錯誤して下さいます。富岡保育園が子どもたちの心身の健全な発達を守る務めを果たす上で、とても心強い味方です。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・一時保育・ワンコインランチ・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。


※国産の畳の上や、起伏に富んだ地面を、裸足で遊び込むことでの心身への効果について詳しく知りたい方は、岡山県笠岡市富岡605までお越し下さいね。いっしょに学びましょう。

2022-03-07
とみほ村ふしぎ発見ツアー‼︎

数年前となりまちにお引っ越しされた卒園児ご家族が、通りかがりで寄って下さいました。

「わぁー、めっちゃ変わっとる‼︎」と言いながら、園庭を走り回ってみたり。

それもそのはずで、お引っ越しされた卒園児が在籍していた当時には、園庭には大きくてカラフルな固定遊具があったんですものね。

「わぁー、部屋もなんか変わっとる‼︎こんなブロックあったっけ⁉︎」と言いながらお部屋中を散策してみたり。

それもそのはずで、お引っ越しされた卒園児が在籍していた当時には、年齢別クラスで教室が分けられていたものですから。


たくさん変わったところがあって、もしかしてお引っ越しされた卒園児にとっては「落ち着かないかも⁉︎」と案内をしながら僕は不安が脳裏をかすめていたところ‥ところどころ変わったところを、走り回ったり散策したりで把握すると、園庭の丸太に腰を落ち着けてみたり。富岡保育園の母屋にある階段箪笥(たんす)に腰を落ち着けてみたりと、くつろいでいる様子であったので、僕もひとあんしんしました。


そんなお引っ越しされた卒園児を、「私設公民館とみほ村文庫」へお招きすると‥とても興味津々に、陳列してある本に目を通して下さったんですね。

しかも、富岡北地区の方々が寄付して下さった本の内、割合的に“歴史”に関連する本が多いのですが‥なんと、お引っ越しされたもうすぐ小学校を卒業する卒園児が、“歴史”が大好きみたいなんです。特に戦国時代や幕末などがお好みだそうで、このたび「月刊 歴史街道」という歴史雑誌からとても真剣に選んで10冊ほど借りて帰られました。


お引っ越しされた卒園児が、とみほ村の富岡保育園へ寄ってくださり、くつろいだついでに富岡保育園と富岡北地区まちづくり協議会とで協力して作った“ふらっと寄れる居場所”「私設公民館とみほ村文庫」にて、地域の方が寄付して下さった本を借りて帰る。なんとも、素晴らしい“ご縁”の繋がり合いではないかと思うんです。

「これ読んだら、また借りにくる。」と片手に10冊の歴史雑誌を抱えながら、約束をして帰る歴女の顔は、マスク越しでもワクワクしている気持ちが伝わってきました。


~こぼれ話~

そんな歴女からある質問を受けました。

「村上先生。なんで、エジソン、ニュートン、ガリレオ‥って、なってるのに、次が、ひかり、そら、なの?」

さすが、歴女だけあって、歴史に名を残す人物にはめざといですよね。ひっかかってほしいところに、ひっかかってくれるって嬉しいですよね。(とみほ村の富岡保育園内には、“謎”がたくさん散りばめられていますので、是非見学の際には、まずは“謎”にお気づきくださいね。)


ブログ読者にも分かるように詳しくお答えしますね。

まず、歴女がひっかかった“謎”はクラス名なんですね。

5歳児を“エジソン”

4歳児を“ニュートン”

3歳児を“ガリレオ”

ところがどっこい‼︎

2歳児が“ひかり”?

0.1歳児が“そら”?

歴女にとっては、「なんで、歴史上の人物名で統一しないの?」ってことだと思うんです。


実はこの“謎”には、子どもの“発達過程”が関わっているんです。(ゆっくり説明するので付いてきてくださいね。)

0歳児〜5歳児までの子どもの発達過程を、あらゆる細かな側面から見ていくと‥[0.1歳児][2歳児][3.4.5歳児]いう大きく3つのグループに分けることができるんです。

そこで‥

0.1歳児を[そら]

2歳児を[ひかり]

3.4.5歳児を[にじ]

といった3つのグループを作ったわけです。ちなみに、グループ名の背後には「空に光がさして虹になる」という意味が隠れていること。そしてもうひとつ、年齢だったり発達過程もあくまでもの視座だということで、絶対的なものではなく、あってないようなものであることをほのめかすために、実体が分かりにくい「空・光・虹」という言葉を選びました。


じゃあ、残された“謎”、エジソンやニュートンやガリレオですよね。

これは、半分大人都合でもあるのですが‥どうしても、保育実践中に、小学校へ就学する子どもたちだけが行ったりする活動がまれにあるわけです。その際に、[にじ]というグループには大人数いるので、不都合が生じるんです。(←察してみてください。)そのため、[にじ]にいる、3.4.5歳児にも、いちよう年齢別クラス名をつけたんです。ただあくまでも“いちよう”です。

ちなみに、じゃあなんで“エジソン”や“ニュートン”や“ガリレオ”って名前なの?ってことになりますよね。実はこのクラス名の背後にも隠された意味があることを今日のブログ読者にはこっそり教えちゃいますね。

富岡保育園の園目標である『遊べる子ども』の究極目標として、エジソンやニュートンやガリレオのように、『あり得ないことを閃き 何気ないことに疑問を抱き 試行錯誤をものともしない人間』になってほしいという願いが込められていること。そして、エジソンやニュートンやガリレオって、活躍した年代もバラバラである上に、「誰が1番すごいの?」って比べたり、評価もできない人だと思うんです。だからこそ、5歳児が1番凄い、その次が4歳児で3歳児という考え方ではなくて、どの年齢の子どももそれぞれに凄いんだ‼︎って想いが込められているんです。(さらにもうひとつ‥子どもたちが学校で歴史などの授業を学ぶであろう際にエジソンやニュートン、ガリレオなどの人物に触れた時、「あ!エジソンって‥私の保育園の時のクラスの名前だった!」って、答え合わせがいつの日かできたら面白いだろうなとの遊び心も含まれています。)


たぶん戦国時代が好きな卒園児である歴女にとっては、「どうせなら“信長”“秀吉”“家康”にしてくれればいいのに」と思ったかもしれませんけどね。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・保育実習・園見学・ワンコインランチ・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

植物談議
2022-03-06
ワンコインランチは事前予約

「この樽(たる)は何に使っていたんですか?」

先日のことに。とみほ村の富岡保育園へ牛乳を配達して下さる坂本さん宅(富岡北地区)に僕が用事で伺った際のこと。ある用事で、元牛舎(ぎゅうしゃ)であった場所の2階へお邪魔した時に目に入った樽について、ふと質問してみたんですね。

すると‥坂本さん「あー、あれなー。昔、牛を飼っていた頃‥子牛を産んだばかりの雌牛に、あの樽に“味噌汁”を入れて飲ませとったんよ。味噌汁って、大豆やらなんやら入っていて栄養が豊富じゃろぉ。」


牛に味噌汁を飲ませていたことにビックリさせられながら、そして坂本さんが少しばかり昔話をしてくれました。

坂本さん「牛を飼っとった頃は、365日休みなんてなかったなぁ。1番多い時で40頭くらいおってな。乳搾りやらはもちろん、お産もあったり、気が休まる時はなかったわな。県外でやった息子の結婚式でもなんでも日帰りだっしな。ときどき牛が脱走することもあって‥夜に懐中電灯照らして探したことあったっけな。何回か富岡保育園の前の道まで逃げとったこともあって‥じゃけぇ、あの道(旧国道)は牛が歩いてたこともあったわけよ。」

感慨深けに、昔話を話して下さった坂本さん。富岡北地区に生まれ育ち長年住んでいる方々にとって、現在の富岡北地区、また富岡保育園はどのように映っているのでしょうか。


そんな坂本さんが、先日ワンコインランチに参加して下さいました。虹グループのランチルームで賑やかにおしゃべりしながら楽しんでくださいました。誠にありがとうございました。(※坂本さんは野菜が苦手なようなので、減らして完食できたようです。またのお越しをお待ちしております。)


※ワンコインランチについては、人数調整や食材確保などのため【事前予約】をお願いしています。お問い合わせ先は富岡保育園公式ホームページTOP電話番号へ。(もしくは村上まで→09X33715648)


ブログ読者の方々も含めて、あなたの体験談や経験談、思い出話などなど、とみほ村へ来てお話ししてくれませんか?現役の保育者はもちろん、次世代を担う子どもたちにとっても、きっと心身の“栄養”になるんだと思うんです。お待ちしております。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

ひな祭り衣装打ち合わせ中
2022-03-05
世知辛い世の中だからこそ‥

ある学校のお昼の放送が流れている時間帯に、ある学校に用事で寄ったときのこと。声変わりはまだであろう、もちろん二日酔いを感じるようなものでもない、純粋な声で、「今日の給食の献立は‥」と丁寧にアナウンスが流れていた。つい懐かしくおもい、耳を傾けていると、「これからお昼どきジャンケンをします‼︎」と、おもしろそうな企画がはじまった。無性にワクワクしながら、僕もこっそり参加しようと思った矢先‥その純粋な声で、「ただし、ジャンケンで勝ったり負けたりしたときに、大きな声で騒がないようにしましょう。心の中でガッツポーズしてください。」との、36歳の二日酔いでもないのにガラガラな声をもつ僕にしては、なんだかガッカリなアナウンスが流れた。

こういうのを、『世知辛い(せちがらい)』と言うんだろうかなと。学校でジャンケンするときくらい、“イェーイ‼︎”とか、“クソーッ‼︎”とか、おもいきって言いたいし、言わせてあげたいじゃないですか。お昼どきジャンケンが、もしも子どもたち発信の企画であれば、なおさら。子どもたちが考えたワクワクできる企画を、大人がワクワクできるままに守ってあげなきゃなとも思うんです。もしも、僕がある学校の先生であれば、お昼どきジャンケンのワクワクを守るために、お昼の放送が流れるお昼ごはん(給食)は、教室ではなく、学校内の好きなところで食べても良いことにしたいですね、できるものならば。そうすれば、教室という換気はされてはいるかもしれないですが閉ざされ空間から開放され、好きな友だちと運動場などで食べながらお昼どきジャンケンできるんだと思いますし。ひとりっきりで食べたい子どもは、誰にも見つからないところで静かに食べながら、お昼どきジャンケンをこっそりして楽しめるんじゃないのかな。世知辛い世の中にあって、浅はかかもしれませんが、子どもたちのワクワクを守る努力を、社会全体でしたいと考える村上からの意見でした。


さて、今日掲載しました写真。空き牛乳ケースの取手の部分に、砂場遊びなどで使うであろう熊手を引っ掛けて、何かを運ぶ様子。子どもたちのなかで最近流行っているそうで。発見した瞬間、「なるほどな‼︎座布団一枚‼︎」と思いました。ああすれば、たくさんの道具を、いっぺんに、しかも案外軽くに運ぶことができる。遊びの達人たちは、ワクワク遊ぶためのアイデアを欠かさず絞り続けているようです。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・ワンコインランチ・保育実習・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

ワクワクを守るアイデア
2022-03-04
通りすがりに確認してみてね

とある雑誌の、とある記事をご紹介します。


~地域の人・物・事をつなぐ みんなのための公民館~

 江戸時代末期の古民家をリノベーションした空間に、子どもたちの元気な声や足音が響き渡る『富岡保育園』。その一角に、地域の人が自由に利用できる私設公民館『とみほ村文庫』が誕生した。足場板をアップサイクルした本棚には、地域住民から寄せられた約1000冊の本が並ぶ。

 このプロジェクトの中心となったのは、富岡北地区まちづくり協議会の一員であり、保育園の副園長を務める村上さん。保育園をひとつの村(とみほ村)と考え、あらゆる世代や職業の人たちと交流しながら、地域や社会全体で子どもたちを見守り育てていきたいと、数年前から保育実践改革に取り組んできた。園庭で近所のおじいちゃんと子どもたちが一緒に遊んでいるのも、ここでは当たり前の風景だ。「地区内の公会堂が坂の上にあって利用しにくいという相談を地域の方々から受けて、それなら園内に集いの場を作ろうと思ったです。閉鎖的になりがちな保育の現場をあえて開放的にし、いろんな人と触れ合うことは、子どもたちにとってもきっと良い経験になると考えました。」

 日々の暮らしの中でふらりと訪れたくなるこの場所が、まちの未来を変えていく。そんな希望を感じずにはいられない。


とある雑誌とは“カサオカスケッチ”という笠岡市政策部定住促進センターが発行しているフリーペーパーです。

(カサオカスケッチとは‥笠岡のすてきなヒト・モノ・コトを発見し、まちの魅力を届けるプロジェクトです。地元の人がわがまちの良さを再認識できるような、近隣エリアの人が好奇心を刺激されるような。笠岡の“いま”を伝え、まちへの愛着を育むことを目指しています。)


しかし、いいこと言う人を取材しているな~と思って、取材先の方の名前を見てみると‥

「村上 太志さん 私設公民館とみほ村文庫館長 富岡保育園副園長」


僕みたいでした。いい方たちに取材してもらえたので、いいこと言う人になれました。編集のクラモトさん、写真の西さん、デザインの長友さん、誠にありがとうございました。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。


★私設公民館とみほ村文庫

笠岡市富岡605富岡保育園内

9:00~17:00頃(基本平日open)

※極めて稀に休日あけていることもありますので、通りすがりに確認してみてください。

ウッドデッキ下の世界
2022-03-03
バカヤロウって言えますか?

「バカヤロウ」って言葉を、最近口にしたり耳にしたことがありますか?

私設公民館とみほ村文庫で手にとった本「だから私は嫌われる」ビートたけし著で、何度も登場してきた言葉である。と、同時に、バカヤロウと率直に毅然と言える自信や責任を背負った大人が現代では減っていることもたしかなんだと思えてくる。

実はこの本、今から30年ほど前の平成初期に出版された本ではありますが、ビートたけしさんの鋭い言葉で、建前や本音、二枚舌などではなく、本質を突く内容がふんだんに入っているんですね。


スマホなどが登場していない当時から、アナログとデジタルについてビートたけしさんの視点で指摘があったのでご紹介してみたいと思います。

アナログとデジタルを、アナログ時計とデジタル時計との対比で考えてみると‥デジタル時計って、1.2.3.4という数字がカウントされていくのですが、そこには“間”が無いんです。アナログ時計ならば、その1と2の“間”を意識することができる。つまりは、デジタル思考は、1と2の次元、次元でしか考えられなくなるのでは‥3.4ときたら次は5になるって意識がマニュアル化して生まれるのでは‥ところが、時計が壊れて、急に3分でも進んだらどうする⁉︎そこでマニュアル思考に反応できるのか⁉︎

マニュアル思考であれば、針が止まっているかもしれない、もしかすると進んでいるかもしれない、ネジを巻かなきゃなんない‥常に疑ったり勘繰ったり、“考える”ことが当たり前になってくる。(←著書の表現を若干噛み砕いて、優しい言葉に変換しています。バカヤロウなどの表現を楽しみたい方は、私設公民館とみほ村文庫までお越しください。)


専門家や教授が綴った本だけではなく、あらゆる分野の方々が綴った本を読むことは、視野を広げることや、本質を掴むヒントや後押しをしてくれるように思う今日この頃‥

そんな、あらゆる分野の方々が綴った本1000冊ほどが、地域内外からの寄付で常備されている「私設公民館とみほ村文庫」館長村上からのお知らせです。

このたび、岡山県笠岡市で“まちのいまを描く、届ける”フリーペーパー#カサオカスケッチ第3号に‥なんと‼︎私設公民館とみほ村文庫の記事が‼︎

(※発行 笠岡市政策部定住促進センター)

笠岡市などのいくつかのショップで手に入るようですので、もしも見つけたら手にとって見てみて下さいね。

(※「シェアアトリエ海の校舎」や、「谷本牧場」、「農業生産法人有限会社エーアンドエス」、「カフェテラスフルート」、「新山地区自治会」などが掲載されています。)


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。


生花のある暮らし
2022-03-02
富岡保育園園長先生コラム‼︎

とみほ村だより3月号が発行されました。保護者ならびに地域内外ファンの方へ配布していきたいと思います。(購読ご希望の方がおられればホームページTOP電話番号までお問い合わせ下さい。)

ちなみに、昨日、富岡北地区の“まちづくり協議会会長の潮見さん”と“御好意で毎年いちご狩りに呼んでくださる三宅さん”のお宅にお邪魔しました。

御二方に共通する点として、とにかくお庭や玄関が、いつもとても綺麗だということです。毎月たいてい僕はアポも無しに寄らせていただくので、事前に片付けたりする時間はないはずなんですね。だからこそ『いつ誰が来てもおもてなしできる準備をされている』ってことだと思うんです。

潮見さんの玄関には旅先の思い出の品や絵が飾ってあったり、三宅さんの玄関には季節の生花や書が飾られてあったり、そして汚れや塵ひとつなく靴も整然と揃えられています。お邪魔させていただくと、とても気持ちが良いですし、このような方たちがおられる富岡北地区で、富岡保育園は守ってもらえていると思うと、とても心強くも感じるんです。


それでは、最後に「とみほ村だより3月号~富岡保育園×富岡北地区まちづくり協議会~」園長先生コラムをご紹介して終わりたいと思います。


『春の訪れを感じながら思うこと』

 子どもの育ちは、日常の何気ない一瞬一瞬の積み重ねがつながっていくことの中にあるものです。ゆっくりと確実に、その子らしい感性で子どもは育まれていきます。少しでも早く成長してほしいと、大人が先を急いで、子どもたちが大事なものを飛び越しながら頑張ってついてくるようなことではないのです。だから、“今”を“丁寧に暮らす”ことを大切にしています。何気ない日常の中で、うっかり見過ごしてしまいそうな子どもたちの行為の中にある、気付き、反省、喜び、感動などと捉えられる「育ち」に共感し、子どもたちをまるごと信じることこそ、保育・教育の本質であると、思うのです。

 卒園や進級を受け、新たなステージに進む時期、ここまで出来た、これは上手だったと、“結果”を求めがちです。ただ、その過程の心情に寄り添うことを忘れてはいけないと、思うのです。

 たくさん失敗すること、失敗する自分もありのまま受け止めてもらうこと、失敗を学びとして乗り越えること、他者の思いを感じ取り許したり許されたりすること、その繰り返しが「育ち」だと、思うのです。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・保育実習・園見学・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

2022-03-01
目には見えない想いを感じる

ロシア人の父親とウクライナ人の母親をもつ方のインタビューを目にしました。複雑であろういろいろな“想い”がこみあげているように感じました。一日も早くこの戦禍が終結することを祈るばかりです。


さて、本日は‥「富岡保育園では、季節を感じさせる製作物や、それを補う保育者の技術がもりこまれた製作物が何で壁に貼っていないんですか?」という質問に答えてみようと思います。

ひとつずつ、丁寧にかみくだきながら説明しますので、整理整頓しながら読み進めてみてくださいね。


まず‥「製作物を作らないと、季節を感じることができないか?」という問いを考えてみたいと思います。今の季節で言えば、冬から春に向かう季節ですよね。肌で感じる気温も変化していれば、裸足で歩くと土の感触も変化しています。花壇にはチューリップの芽がすこしずつすこしずつ顔を出しています。水の冷たさや、陽射しや影の大きさなどなどあらゆる自然現象から季節の変化は感じられるでしょう。わざわざ、季節の製作物を作らないと季節を感じることができないと考えることは、もしかすると保育者の感性が鈍っているかもと省みる機会なのかもしれません。


次に‥「じゃあ、製作は子どもはしないのですか?」という問いを考えましょう。“モノを作る”活動は子どもたちは日常的に行っています。ただその活動の実権を握っているのが“大人”か“子ども”なのかの違いです。「大人が計画して準備した、保育雑誌などで示されているような季節の製作物を、大人が考えた工程で取り組む」ことと、「子どもが“何を作ろうかな~”と思い悩みながら、あれやこれやと試しながら、失敗したり思うようにできないことを体験しながら取り組む」ことなのか。富岡保育園では、クラスみんなが画一的に同じ出来上がりを目指すのではなく、後者であるそれぞれの“考える時間”に価値を見いだしています。


最後に‥「富岡保育園では、保育者の技術がもりこまれた製作物が貼っていませんが、先生たちはサボっているのですか?」という問いを考えてみましょう。結論から言えば、「ピンクのウサギや水色のゾウだったりを一生懸命作って貼るのはやめてください」と僕が現場の先生方に伝えています。富岡保育園の先生たちも、やろうと思えば、保育雑誌に掲載されているような可愛い製作物をチョチョイのチョイで作れます。(実は村上も10年ほど前は雑誌以上に凝って作って自己満足していました。)ただ、富岡保育園が取り組んでいる“見守る保育”の技術は壁に貼る製作物などに反映されるものではないんです。「どのように見れば、子どもたちの心身の健全な発達を守ることができるだろうか?」を常に自問自答、またチームで問いかけ続けながら、子どもたちの“心の動き”に寄り添うことが富岡保育園の保育者の技術になってくるんです。製作物などの目には見えるモノではないんです。ピンクのウサギを作っている時間があれば、心を通わせることに時間を割きたいですし、その通わせる自身(保育者)の心を整えることにも時間を割いて欲しいと思っています。


もしも園見学に来られる便があれば、子どもたちの“心の動き”に保育者がどのように心を通わせているか?直接声をかける場面もあれば、あえて遠巻きに想いを馳せている場面もあるかもしれません。疑問に思うことなどあれば、是非現場の保育者たちに尋ねてみてくださいね。

★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号へ宜しくお願い致します。

2022-02-28
今のじぶんにできることとは

日曜日のまっぴるま。とみほ村の庭先でカップラーメンの味をかみしめながら‥あたたかな陽射しとやさしい風、そしていきいきとした土から春のはじまりをたしかめておりました村上です。のんびり、そしておだやかなしあわせを感じておりました。


ただ、ひとたびテレビやインターネットをひらいたものなら‥のんびり、そしておだやかなんて言ってられない世界を感じてしまいます。ブログ読者の方も当然知っておられると思います。ロシアという大国がウクライナという小国を侵攻しているニュースです。遠い国ではありますが、とびかっている情報を聞くだけで不安になりませんか。

もしも僕がウクライナに住んでいれば18歳〜55歳は兵役年齢であるため避難することはできないはずなんですね。保育者として子どもたちと手をつないでいた手には、縁もゆかりもない人を撃ち殺す銃をにぎる可能性だってあるという現実なんです。


今じぶんには何ができるだろうか。ロシアのプーチン大統領に「とにかく戦争はやめてくれますか!」なんて説得できれば‥ウクライナで避難している方々に「とにかく家においで!」なんて助けてあげられれば‥

今じぶんには何ができるだろうか。自分の置かれているすべての環境に、不平不満や文句をならべるのではなく感謝をこめること。お日さまの陽射しを気持ち良くあびれることに感謝しよう。やさしい風や鳥の歌声にふれられることに感謝しよう。子どもたちや仲間と毎日笑顔でいられることに感謝しよう。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願いいたします。


ちいさな不平不満や文句が連鎖すれば戦争へと向かうなら

ちいさな笑顔や感謝が連鎖すれば平和へと向かうはず

今じぶんには何ができるだろうか

日曜日のトンネルに隠された月曜日への続き
2022-02-27
涙の数だけドラマがある!?

涙くんさよなら さよなら涙くん また逢う日まで‥

ある歌の一節です。(坂本九さん「涙くんさよなら」)


太陽の台所(給食室)へ朝の挨拶に行ったところ‥土曜日ということもあり、調理クルーはおひとりさまでした。そして、おひとりさまで何だか涙ぐんでいたんです。

村上「(!?朝から何かあったんだろうか!?)おはようございます。せんせい、大丈夫ですか?」

調理クルー「(グスグス‥涙)おはようございます。大丈夫です。玉ねぎが目にしみて‥」

今日のお昼ごはんであるスパゲッティの具材である玉ねぎを一生懸命刻んでくださっていたんですね。


“涙”と言えば‥昨日のブログ記事で少しだけ触れましたが‥

卒園児の保護者から頂きました紙飛行機を使って夕方頃までのこっていた子どもたちと遊んだお話。

保護者の方がお迎えに来られると‥「あと、一回だけ〜‼︎」と“最後の一回”を要求するも、最後の一回と思って紙飛行機を飛ばすと、どうにもこうにもリキんでしまって上手く飛ばないんですね。

すると‥「あと、もう一回だけ〜‼︎」と“泣きの一回”が始まり、そして繰り返されていきました。何度も何度もチャレンジするのですが、繰り返すたびに、よりリキんじゃって上手く飛ばないんです。

夕方も時が経つごとに空も暗くなりはじめ‥

村上「また明日しようよ。明日、保育園、朝の7時からあいているから。早起きしておいで〜‼︎お母さん、遅くなってごめんなさい。」と、半ば無理矢理「あと、一回だけ〜‼︎」を終わらせちゃいました。それはそれは涙ぐんで帰宅することになっちゃったのはお分かりかと思います。


ここまでが昨日までのお話。そしてここからが今日のお話。実は続きがあったんです。

それはそれは涙ぐんで帰宅した、ひとりの女の子。なんと‼︎いつもより1時間以上早くに登園してきたんですね。初春の陽射しがふわふわと照るなか、お庭の築山から存分に、そして今日はリキまずふわふわと紙飛行機を飛ばしています。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

涙ぐまれた愛ある玉ねぎの微塵切り
リベンジ飛行機、大成功‼︎
2022-02-26
頭の片隅には“富岡保育園”

卒園児の保護者から、「知り合いから凝ったような紙飛行機をたくさん頂いたのですが‥もしもご迷惑で無ければ富岡保育園の子どもたち遊びませんかね!?」


な〜んて、ありがた〜い、お話でしょ〜か‼︎ふたつ返事でお受けさせていただきました。本当にありがとうございました。

卒園した後でも、いつでも頭の片隅に“富岡保育園のことを想う気持ち”をもっていただけるだけで本当に、本当にありがたい。

そのうえ、このたび頂いた紙飛行機がビックリするくらい飛ぶんです。試しに、お迎えを待つ夕方の子どもたちと飛ばしてみると、気持ち良いくらい飛びました。

(保護者の方がお迎えに来られたにもかかわらず‥「もう一回だけ〜‼︎」との、終わりのくだりが度重なっちゃって、帰宅時間が遅くなってしまったご家庭もあったかもしれません。こちらは副園長よりお断りさせて頂きます。まことに申し訳ございませんでした。)


ちなみに、ビックリするくらい気持ち良く飛ぶ紙飛行機を、「今度は、遠足の時に、ひ〜ろいグラウンドで飛ばそうよ!」と子どもたちに提案してみたところ‥

とある女の子「遠足、まだまだ先なんで!村上先生知らんのん?」

とある男の子「今日、金曜日で、明日の明日が日曜日で、遠足は、まだまだもっと先で!村上先生分からんのん?」

※DXらんらんピクニックday‥3月16日水曜日です。(詳しい内容は3月に入ってお知らせします。)

手厳しい指摘を受けました。ついつい36歳のおじちゃん村上の感覚では、“もうすぐ”なのですが、保育園のピッチピッチの子どもたちにとっては、“まだまだ先”なんだよなってことです。それだけ子どもたちは1日1日毎時毎時が濃く充実しているんでしょうね。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。


★写真説明

[1枚目]絵本のゴリラを見ながらゴリラの動きをするA君。

[2枚目]手洗いの仕方を友だちに教えるB君。

[3枚目]自分でダウンをハンガーにかけて仕舞うCちゃんたち。

[4枚目]ひとりっ子でも、保育園では姉妹関係にどこでも誰でもなれる。

躍動感あふれるチビゴリラ⁉︎
指と指の間から手のひらまで
丁寧に、丁寧に。
擬似姉妹⁉︎
2022-02-25
とみほ村のエンターテイナー

「エンターテイナー」と聞いて、どんな人が思いうかびますか?手品やマジックショーを繰り広げる芸人さんなんかも思いうかぶかもしれませんね。芸人さんもふくめて、とにかく“人を喜ばせること・楽しませること・幸せにすること”だと思いたいんですね僕は。


とみほ村の富岡保育園へは、年齢や性別、また職種や国籍などあらゆる垣根をこえられた方が「子どもたちと遊びたい、子どもたちを見守りたい、それでいて元気をもらいたい」と保育ボランティアに参加してくださいます。たくさんのあらゆる人たちが来てくださり居てくださることは、園児や保護者ならびに職員にとっても、嬉しいことですし安心感や安全感も高まり、とてもありがたいことです。(本当にありがとうございます。)

さて、そんなありがたいボランティアの方なかでも、カリスマ的存在がおられることをご紹介してみたいと思います。

ブログ愛読者ならば、もしかするとすでにお分かりかと思います‥『TOSHIさん』です。カリスマボランティアTOSHIさんの黄金ルーティンは‥朝ごはん前の早朝にまずは1時間ほど富岡保育園へ寄ってくださいます。早朝に不機嫌だったり泣いている子どもたちを抱っこしてくださったりします。(ここだけの話ですが、副園長に人見知りをして泣いてしまう赤ちゃんも、TOSHIさんへ満面の笑みを見せて抱っこしてもらっています。)

さらには、お昼ごはんを“とみほ村ワンコインランチ”を利用してくださり子どもたちと一緒に食べてくださいます。食べ終わった後には、子どもたちの食べこぼしを拾ってくれたり、食器の片付けを手伝ってくださいます。

そしていったん帰宅して体調を整えてから、さらに夕方前後にもう一度寄ってくださるんです。なんならば、なにかを忍ばせて。風船や折り紙だったり新聞紙や広告であったり、“子どもたちが喜ぶだろうと思考を凝らしたもの”を忍ばせてです。


そろそろブログ読者の方もツッコミたくなったんではないでしょうか?「もう!TOSHIさんって、ボランティアの域を超えてますやん!」

そうなんです。実際に園内にいる時間は、職員よりも長いこともあります。園児や保護者や職員の顔や名前なども全て覚えてくださっています。忍ばせてくるものは、「先生‼︎お小遣いで買ったりするのが、また楽しみなんですよ‼︎」と自費で購入してくださっています。さらには先日にはある新聞で、マグネット玩具の危険が掲載されている記事を発見して下さり職員へ教えてくださったりもしました。

そうなんです。ただ資格がないだけで、保育士より保育士なTOSHIさんなんです‥けれどもTOSHIさんを保育士だったり、ボランティアだっなりの枠といいますか域といいますか、当てはめること自体がおこがましいようにも感じるんです。

自分のすべてを“人を喜ばせること・楽しませること・幸せにすること”につかっている生粋のエンターテイナーなんじゃないかと‥

ほんとうのお金や時間の価値、ほんとうの人生の豊かさを体現されているようでもあるTOSHIさんに憧れるとともに、最大の敬意を込めた本日のブログ記事にしたいと思います。いつも本当にありがとうございます。


★ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。『二代目TOSHIさん』も随時募集していますよ。

激論‼︎はないちもんめ
2022-02-24
文庫臨時祝日特別早朝営業中

おはようございます。なにも予定がないにもかかわらず、遠足の日のように目が覚め、あてもなくワクワクドキドキしている村上です。ひとまず、『私設公民館とみほ村文庫』を臨時祝日特別早朝営業することにしました。(※7時~11時)もしもブログ愛読者の皆様で、早起きしちゃった方は是非足を運んでみて下さい。(※本の貸出もしているよ‼︎村上にも会えるよ‼︎)


さて、昨日の日が暮れる前、とみほ村の裏庭での出来事。二人の男の子がサッカーボールを蹴り合っていました。

A君(classニュートン 4歳児)「スーパーミラクルキッーーック‼︎」

B君(classエジソン5歳児)「じゃあ、俺は‥スーパーミラクルキッーーック‼︎」

A君「もぉ‼︎マネせんで‼︎じゃあ、僕は‥」

こんなやりとりをしながら、それはそれは“仲睦まじい”という言葉がとってもお似合いなカップルなような二人。ときどき怒ったりしているような会話も聞こえますが、表情はいたって“デレデレ”な笑顔です。

実は、この二人から“仲睦まじい”“デレデレ”を感じざるを得ないことには理由があったんです。

A君とB君は年齢やクラスも違いますし、身体の発達や性格などにも違いは見られますが、なぜだか仲良しなんです。とにかく“気が合う”んでしょう、よくいっしょに遊んでいました。ところが‥ A君がコロナウイルスに感染していなかったものの、濃厚接触者扱いになってしまい数日間保育園をお休みすることになっちゃったんですね。B君は、もちろん他にも仲良しの友だちがいますし、遊びも日々充実している様子でしたが、なぜだかどことなくときどき寂しそうな表情が垣間見られました。

そこへ、A君の登園許可がおりた日。二人は遠距離恋愛をしているカップルをも思わせるように、とにかくいっしょにいました。サッカーボールを蹴ることや、キックに名前をつけることも面白かったのかもしれませんが、とにかく“いっしょにいる”ことが嬉しかったんだと思いますし、幸せだったんだと思います。


★ボランティア・園見学・職場体験・保育実習・一時保育・ワンコインランチ・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

2022-02-23
マークザッカーバーグvs村上

「メタ」という文字を見てブログ読者の方は何を思い浮かべますか?

コロナウイルスをメッタメタのギッタギタにしてやる!の「メタ」でしょうか?

それとも、遠方にある実家へ滅多に行かなくなったな〜とボヤいてしまう「メタ」でしょうか?

それとも、もしかすると、保育・幼児教育の情報にアンテナが鋭い方ならば、ここのところ注目されている“自分自身を客観的に認知する能力”、メタ認知の「メタ」でしょうか?


実は、ここのところさらに注目されている「メタ」があるんです。1つは、世界指折りの大企業として君臨し、現代人ならば一度は耳にしたことがある会社‥Facebook(フェイスブック)社の社名がMeta(メタ)に変更されたこと。大企業が浸透している社名を変更することって、かなり大きな決断だと思うのですが、この決断にはある“超越”された目的があるようなんですね。

注目されている「メタ」の2つ目、『メタバーズ』が、Meta社の目的と合致するところなんです。

(メタ、メタ、メタ、メタと、メタを連呼していますが、ゆっくり読んでついて来て下さいね。)


『メタバーズ』とは、meta“超”と、universe“宇宙”を合わせた造語なのですが‥いわゆる、バーチャル空間のこととまずは理解してもらえれば良いかと思います。

インターネット上に、アバターと呼ばれる“自分の分身”が生活していくさまです。そこには、現実世界とは“異なる”もう一つの現実が生まれることを示唆しているんです。

つまりは、Meta社は、インターネット上に、現実世界とは異なる“もう一つの現実”を作ることを目的としているんです。それも、現実と“もう一つの現実”の価値を等しい、もしくはそれ以上にするべく働きかけているんだと思うんです。


久しぶりに横文字だらけの記事になっちゃいまして、「?」の応酬だったのではないでしょうか。記事を書いている本人(村上)の理解が及んでいないことが、優しくない文章の引き金になっているのかもしれません。ごめんなさい。


Meta社のメタバーズへの取り組みを知って、「あれ⁉︎とみほ村のライバルかよ⁉︎」と思ったのは僕だけでしょうか。

富岡保育園は“一人の子どもを育てるには一つの村がいる”との想いから、『とみほ村』という地図上には存在しない村を作っています。ただ、Meta社のメタバーズとの違いは、現実世界とは“異ならない”もう一つの現実だってことです。そこには、転んだら痛いし、喧嘩をして揉み合いになったら泣いちゃうだろうし、くしゃみをして鼻水が思わず飛びでたら吹きだして笑うだろう世界です。


Meta社の『メタバーズ』を進めていくマーク・ザッカーバーグか‥

富岡保育園の『とみほ村』を進めていくムラカミ・タイシバーグが‥

転んでも痛みも血も出ない世界と、転んだら痛いし血も出るけど手を差し伸べてくれる人がいるかもしれない世界と‥時代はどちらの未来を選ぶのでしょうか‥


★就職希望・保育実習・園見学・ボランティア・職場体験・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

※アバター(インターネット上での分身)での参加はできません。ご了承下さい。

現実世界と“異ならない”もう一つの現実
2022-02-22
“私たち”という意識を強く

マザーマザー 許してくれますか

大いなる愛でも 消せないバツを

はなから愛されないと知れるならば楽だったんだ

そんな後ろを向いた私はちゃんと地獄に堕ちましたか

ああ 私は世界中に疎まれ憎まれ生きていくと

割り切れるなら本当にどれだけ良かったんだろう


「うっせえわ」という曲で一世を風靡されたAdoさんの新曲「マザーランド」歌詞の一部です。まさかの出勤途中の早朝ラジオで耳にし、軽快なリズムとは裏腹に胸騒ぎのする歌詞でした。


〇〇だから、あなたは素晴らしい。

〇〇してくれたから、あなたのことが好き。

〇〇であるから、あなたを愛している。

条件付き(行いや成績、親としての社会的評価)で子どもを愛することが、子どもの自尊心を傷つけ、このような歌詞を生み出しているのでしょうか。


胸騒ぎを落ち着けるために開いた一冊の本は「完訳 7つの習慣~人格主義の回復~スティーブン・R・コヴィー著」です。表紙に掲載されているコヴィー先生のぶっちぎりの笑顔にごまかされることなく、中身は500ページ以上に渡る“the厳格”とも言える内容なんですね。

(僕が副園長になりたての頃に愛読していた本でもあります。コミュニティ内での立場上、叱咤激励される機会が減りつつある中で、コヴィー先生は立場など関係なく、容赦なく説教して下さいます。)


実はコヴィー先生も子育てに携わっている際に、息子さんを行いや成績、また自分の社会的評価を気にしたレンズで見てしまい、息子さんの自尊心を傷つけた経験があったんですね。

そんな時にコヴィー先生がとった行動とは?

それはコヴィー先生は“自分自身”に目を向けたんですね。息子さんを変えようとするのではなく、一歩離れて距離をおき、息子さんに対する自分の見方を変える努力をしたんです。


コヴィー先生だけではなく、子育てに携わる親たちや先生たちが、子どもを変えようとするのではなく、子どもを見守る自分自身(親や先生)を変えるって、とても勇気がいることだと思うんです。


「もし上司があんなに無能でなければ‥、もし貧乏な家に生まれていなければ‥、もしもっと良い場所に住んでいれば‥、もし父親の短気が遺伝していなければ‥、もし子どもがこんなに反抗的でなければ‥、もし妻がもっと自分を理解してくれれば‥、もし‥、もし‥」こんなふうに、自分の抱えている問題や困難を他人や状況のせいにすることが当然のようになってしまっている。そうすれば一時的には痛みが和らぐかもしれない。しかし実際には、自分とその問題をつなぐ鎖を強くするだけなのである。謙虚な人は自分が置かれた状況を受け入れ、責任をとる。勇気ある人は、主体的に困難に取り組み、創造的に克服していく。こうした人たちは、自ら選択することによって大きな力を得るのである。(※「完訳7つの習慣~人格主義の回復~スティーブン・R・コヴィー著」参照)


条件付きの愛ではなく、子どもの本質、つまりはありのままを見守る愛をもって、子育て・保育に携わりたいと思います。それは時に困難や問題にぶつかることもあるかもしれませんが、他者に責任を押し付けるのではなく、謙虚に勇気をもって受け入れなくてはなりません。そしてだからこそ、親だけ、先生だけ、個人だけで抱え込むのではなく、社会全体で、“私たち”という意識を強く持って取り組まなくてはならないんだと思います。


★就職希望・園見学・保育実習・ボランティア・職場体験・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

お庭で見つけた氷をつかって
2022-02-21
ノンフィクション事件小説⁉︎

とみほ村に緊張が走った。

とは言え、緊張と隣り合わせになったのは、僕とひとりの保育者だけである。


昨日のことだ。とみほ村の玄関先でおもむろに用事がある雰囲気をもったひとりの男性がいた。いつものようにひとりの保育者がこころよく出迎えたのではあるが、なぜかいつものようではなかった様子。そのいつものようではなかった様子に、続けざまに僕も玄関先へ出迎えに駆け寄った。

ひとりの男性「あそこの監視カメラの記録を見せてくれませんか?」

とみほ村には監視カメラがいくつか付けられているのはたしかである。そして道沿いと隣接する玄関先にもたしかに監視カメラはある。しかし、いかんせんどこの馬の骨だか分からない方の要望をそのまま飲み込むわけにはいかない。

僕「失礼ですが、どちらさまでしょうか?」

すると、ひとりの男性はズボンのポケットを右に左にたしかめながら、すこし探すのに手間取りながらも、ひとつの黒い、それでいて古びた手帳を取り出し広げた。

ひとりの男性「わたくし、こういうものです。」

黒く古びた手帳の中身は、よく刑事ドラマなどで見る警察手帳だった。けれども、いかんせん手帳を広げたと同時にほんの少しの間を置いてすぐさま閉じられてしまったので、どこの警察で誰なのかが把握出来なかったこともあり、まだまだ要望を飲み込む心情にはなれなかった。

僕「失礼ですが、どこの警察署の方ですか?」


実は僕がここまで用心深くなるのには理由があった。ここ最近、とみほ村(岡山県笠岡市富岡)地域を管轄にしている富岡交番の方たちと“顔見知り”になっているからだ。その上、名前をお互いに知っている仲の方もおられるほどなのである。また富岡交番に限らず、笠岡警察署交通課の方々もここ最近では交通安全指導をとみほ村の隣接する路上で多くしてくださることもあり、こちらも“顔見知り”になっているのである。


黒い古びた警察手帳を持つひとりの男性「笠岡警察署です。すみませんが、監視カメラの記録をすぐに見せてほしいのですが、よろしいですか?」

そして、もうひとつ用心深くなる理由があった。監視カメラの記録を要望する笠岡警察署所属を名乗るひとりの男性の風貌が、僕が“顔見知り”になっている警官たちと明らかに違うからだ。よれよれ感と色落ち感が否めない黒とも茶色とも言えない作業服にダウンベストを羽織る服装。そして足元は黒の安全靴のようではあるがこちらもよれよれ感と色落ち感は否めない。

なぜだか、無性に危機感を覚え、笠岡警察署所属を名乗るよれよれ感と色落ち感が否めない格好のひとりの男性を玄関から先に進めることに大きく戸惑った僕は、少しの時間稼ぎをしようと試みた。たまたま自分の名刺をポケットに携えていたこともあり、名刺交換をお願いした。

僕「すみません。僕の紹介を忘れておりました。僕はここ(とみほ村の富岡保育園)の副園長の村上太志です。お名刺をもらえたりしますか?」

監視カメラの記録を要望するひとりの男性は、僕の時間を稼ぐような仕草に、少々苛立ちを感じながらも自分の名刺を差し出そうとした。けれども、ここでもいかんせん、ポケットの右や左をたしかめながら、すこし探すのに手間取りながら、ようやく名刺を見つけたのである。そして差し出された名刺が、またもやよれよれ感と色落ち感があるのである。

僕はここまでのひとりの男性とのやりとりを総合的に評価して、「あやしい」と判断した。“顔見知り”になっている警官とは、風貌がまったく違えば、格好や警察手帳やら名刺までもが全てよれよれ感と色落ち感が否めない。その上、監視カメラの記録への要望への苛立ち感や、動作の手間取り方への挙動不審感は、僕の中である予感を感じた。

僕「(もしかすると、警察手帳や名刺は偽造ではなかろうか。最近笠岡市で電力会社や保険会社を名乗る“詐欺”が多発しているとの情報もあるし。もしや、警察官を名乗るなにかの“詐欺”または、もしや片手に持つハンドバックの中になにか危険なものを‥)」

僕「すみません。監視カメラの記録がすぐには取り出せないので、データを録画してまた警察署まで持って行きますので、本日は申し訳ございません。雨もよく降っていますのでお気をつけてお帰りください。」

若干の無理矢理な結末への会話の持っていきようであったが、無事ひと段落ついたと胸を撫で下ろしかけたと同時に、詐欺の予感を感じさせるひとりの男性が、焦りと粘りを見せた言葉をはなった。

警察官を名乗る詐欺の予感がするひとりの男性「実は、この近辺で特殊詐欺にあった方がおられるので情報提供をお願いしているのです。データの録画がとれ次第、すぐに連絡をこちら(名刺に書かれていた電話番号)までお願いします。」

僕「(詐欺事件を追っていると見せかけている警察官を名乗る詐欺なのか!?)わかりました。すぐに監視カメラを管理して頂いている会社へ問い合わせてみます。お気をつけてお帰りください。」

ようやく、監視カメラの記録を焦りと苛立ちを醸し出しながら要望するひとりの男性が玄関の外へと向かったので、ほっと胸を撫で下ろした。

しかし、一難去ってまた一難とは、このようなことを言うのであろうか。緊張感を共有していたひとりの保育者の視線が玄関の外へとさらに緊張感をあらわにして向けられていた。

なんと、監視カメラの記録を要望したひとりの男性は、とみほ村の玄関外の道沿いで待機しはじめたからである。それも道沿いに走る自動車や歩行者をキョロキョロキョロキョロと、それはそれは注意深く目で追いかけているのである。

僕は用心深さを通り越して、ついにある行動を決意し、すぐさまとりかかったのである。それは“顔見知り”の警察官たちがいる警察署への110番の電話だ。もちろん玄関外の道沿いで待機する男性には気付かれないように。


僕「すみません。岡山県笠岡市富岡保育園副園長の村上太志です。実はさきほどから、笠岡警察署の〇〇さんという方が、保育園の監視カメラの記録を要望されるのですが‥。」

110番先の警察官「(苦笑)お電話ありがとうございます。実はその付近で特殊詐欺事件があったので近隣を捜査しているんです。〇〇さんは、〇〇で〇〇な特徴がありますが、いかがでしょうか?(苦笑)」

僕「はい。たしかに〇〇で〇〇な特徴をしています。すみません。つい、〇〇で〇〇な特徴が警察官ぽくなくて、警察官を名乗る詐欺ではないかとあやしんでしまいました。監視カメラの記録提供なるべく早急に手配して協力させていただきます。〇〇さんへは大変なご無礼をしてしまいました。大変申し訳ございませんでした。」

110番の電話を切り、すぐさま、詐欺犯罪の捜査をしているかと見せかけた警察官を名乗る詐欺師だと勘違いしてしまった詐欺事件の捜査をされている警察官の方にお詫びを言おうと駆け寄ると、もうそこには彼の姿はなく‥よれよれ感と色落ち感と合わせて、詐欺事件解明への懸命さだけが冷たい風とともに残っていた。


★就職希望・園見学・ボランティア・職場体験・保育実習・一時保育・ワンコインランチ・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

※はじめましての方は、よろしければ自己紹介の挨拶を互いにさせていただければ幸いです。

2022-02-20
『現代人のカテゴライズ病』

村上太志って、大きく分類すると“動物”です。(←もしも村上太志を見て癒されるとお感じの方がおられれば植物かもしれません。)さらには、その中の“人間”という分類です。この調子でいくと‥“男性”であって、大人・社会人・独身・わがまま・集団行動が苦手などなどあらゆる分類ができますよね。

さらにはこの調子でいくと、分類する・されることにより、メリットとデメリットを感じることがあると思うんです。

例えば‥「村上太志は男性保育士だから役に立つ」「村上太志は男性保育士だから役に立たない」などが挙げられると思うんですね。


ちょっと以下の文章を読んでみてください。(参考著書:赤ちゃんの心はどのように育つのか~社会性とことばの発達を科学する~今福理博)

『定型発達症候群という考え方』

定型発達症候群をご存知でしょうか。定型発達症候群は、社会の問題に対する没頭や周囲との適合への固執を特徴とします。たとえば、一人でいることが困難であったり、集団になると周囲の人と行動を合わせたり、率直なコミュニケーションが苦手で自閉症者と比べて嘘をつく頻度が高いようです。みなさんも、あてはまるものがありましたでしょうか?実は定型発達症候群は、自閉症者から見た定型発達者の特徴をまとめたものです。

社会的多数派(マジョリティ)の集団に属している人は、自分たちの基準が正しく、自分たちと異なる社会的少数派(マイノリティ)の人の行動は正しくないと判断しがちです。一方で、定型発達症候群の例から分かるように、マイノリティの視点からみると、マジョリティの行動は理解がむずかしいものになります。つまり、マジョリティとマイノリティとどちらが正しいという問題ではないのです。

ブログ読者の皆さまいかが感想をお持ちになりましたか?

はじめに村上太志の分類をいくつかしてみましたが、結局のところ、分類はあくまでも分類だってことだと思うんです。

現代人って、僕も含めてなにかと、カテゴライズ(分類)したがりませんか?でも自閉症者に定型発達症候群というカテゴライズがあるように、ただその時代背景などによるマジョリティかマイノリティかだけがあるだけで、カテゴライズ自体による正しさだったりは問題ではないってことです。はっきり言ってしまえばカテゴライズ自体に意味は無いってことですよね。


カテゴライズすることによって、なんだかカテゴライズ自体に責任を負わせる風潮があるんじゃないかと思うんです。物事の“本質”に迫るのはカテゴライズ抜きに考える必要があるんだろうなと思う今日この頃です。


★就職希望・園見学・職場体験・ボランティア・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号より宜しくお願い致します。

【最近の村上が読み進めている本】

・「放浪の天才数学者エルデシュ」ポール・ホフマン

・「子どもたちのへのまなざし~心情を想像し合い 積み重ねてきた日常 切れ目のない関係性」渡部達也

・「作家と珈琲」

・「古典落語100席」

・「ビートたけしの平成黄表紙世紀末毒談」(←こちらは“私設公民館とみほ村文庫”から借りました。)

男性だけど保育士だけど村上太志だけど
2022-02-19
そもそも保育園マネジメントにノウハウってあるの?

とある人材育成会社から届いた1通のFAXの内容の一部です。

『新年度へ向けた園マネジメント力向上ノウハウ集(無料)早期申込開始のお知らせ』

昨今は、コロナの影響も重なり出生数の減少に拍車がかかり、特に0歳、1歳の低年齢児の保育ニーズが減少し、全国各地で待機児童が減ってきました。待機児童の減少は喜ばしいことですが、一方で園児数の減少や定員充足率の低下による収益悪化、慢性的な保育士不足に伴う離職増加、求人費用の増加、人材の質低下、地域内での評判低下という事態が起きていると、保育現場に従事されている多くの園長先生からお聞きしています。

よって、このような外部環境や地域の環境が変化する中で、内部環境である組織づくりや人材育成という園のマネジメント環境も変化させていかなければなりません。

もっともらしい内容ですが、村上副園長はツッコミ所満載だと思っています。(←ツッコミ所を具体的に知りたい方は岡山県笠岡市富岡605までお越しください。お待ちしております。)

ただ、これだけは言っておきたいので、ブログ内で綴っておきますね。


まず‥「そもそも、保育園マネジメントに“ノウハウ”ってあるの?」

もしも、全国一律で可能なノウハウがあるとしたら、その中身は、子どもを画一の“商品化”しているように思えてなりません。

全国展開しているロー◯ンや、セブンイレ◯ンなどのコンビニのように、決められた商品を売る仕事ならば、きちんとしたノウハウが必須なことは理解できます。

ただ、ひとりひとり違う子どもを相手にする、また各地域によって風土の違う保育園を、一律に向上させるノウハウなんて存在する方がおかしいと思いませんか?

そして、もしもそんな魔法のような存在があったとしたら‥その魔法を無料で提供してしまったら、全国の保育園はみんなマネジメントが向上しちゃって、魔法を売るとある人材育成会社は不要になって潰れちゃいますよね。


村上副園長が疑い深いだけでしょうか?

マネジメント(経営管理・組織運営)を他人に任せてしまった時点で、その組織は経営破綻だと僕は思います。

マネジメントは、園長先生だけでなく、組織に所属する皆(職員ならびに、保護者、地域内外のファンの方など)が、知恵を振り絞りながら、紆余曲折、失敗に成功を重ねながら、試行錯誤していくもので、それが各園ごとのマネジメントになるわけですよね。


偉そうなことを綴りましたが、ブログ読者の方も一度踏みとどまって考えていただけないでしょうか?


ちなみに‥つい、さきほど夕刻ごろに、“人材派遣会社”から保育士の紹介電話がかかってきました。(丁重にお断りさせて頂きました。)富岡保育園への就職に関しましては、基本的にはご本人様から直接ご連絡いただきたいと思っております。募集ある無しに関わらず富岡保育園にご興味ある方は百聞は一見にしかずと言いますし、まずは園見学のお申し込みをオススメします。保育についてたくさんお話しできたら幸いです。


★就職希望・園見学・ボランティア・職場体験・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

雪が溶けた園庭に半袖姿で悩む男児の哀愁
2022-02-18
たくさんと思いたい少しの雪

しんしんとどこかさびしげな、とみほ村の裏庭。そーっと小雪たちがあたりにつもっています。そこへ、ひがしの方角から太陽が、こちらは堂々とさしこんできます。

そこへ前庭からそぞろそぞろに、子どもたちがやってきました。それは“浮き足立っている”という表現がぴったりだと思われるほどに、歩いているのか走っているのか、はたまたふぞろいにスキップしているのかというほどでした。

「きゃー‼︎」

「うわー‼︎」

「あー‼︎」

もうそれは言葉にできないほどの嬉しさだったんだと思います。なぜかって、とみほ村に雪が降るなんて、そしてまさかほんの少しでも積もるなんて、ほんとうの本当に珍しいことだったからなんです。

裏庭の築山の土と石に。花壇の植物の葉っぱに。秘密基地を作っていただろうビールケースの上に。どしんと腰を下ろした丸太の木に。たくさんではないけれど、たくさんに感じたいほどに雪が積もっていました。

たくさんに感じたいほどの、ほんのすこしの雪を、もったいないと思っているほどに指先でつんつんとさわります。そして冷たさを確認すると、今度は手のひらをいっぱいに広げてつかんでみては、とたんにぎゅっと握ってみます。

「きゃー‼︎」

「うわー‼︎」

「あー‼︎」

「つめたい‼︎」

うれしい気持ちがじょじょにおちつき、言葉を少しずつ少しずつ並べながら、しだいに雪と仲良くなりたいと思いはじめました。


ほんの少しの雪をそれはそれは大事に大事にかき集めてみては、ふだんは土や砂を入れるお皿に入れはじめました。大事に大事に入れた雪を手でやさしくさわってみると、ふんわりしていることがよくわかります。ふーっと息をふきかけると、あっという間にとんでいくほどにふんわりでした。

手を使って雪と仲良くなると、今度は足を使いはじめてみました。ここの土の上の雪はどうだろうか、あそこの土の上の雪はどうだろうか、むこうの土の上の雪はどうだろうか‥。

ゆっくり踏んでみては雪の中にできた自分の足跡を見つめます。そして足跡をしばらくつけていくと、今度はスタスタ歩いてみては、ピョンピョンと跳んでみて、ザザーと滑ってみますし、やっぱりゴロンと転げてしまいます。

からだいっぱい仲良くなると、最後にはもっと仲良くなりたいと思ったのか、手のひらでつかんだ雪を、ちょこんと指先にのせて誰にも見られないように口に運んでみるんです。

「きゃー‼︎」

「うわー‼︎」

「あー‼︎」

「つめたい‼︎」

「うまっ‼︎」


★就職希望・園見学・ボランティア・職場体験・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

とみほ村の裏庭
2022-02-17
ズックズックのカッピカッピ

ちょっと卑猥な話をします。

マスクを着用した状態で、他人と会話をしている最中。鼻の穴から思いがけず、スーッと水っぱなが垂れ出たことはありませんか。相手がよっぽど気心知れている仲であれば、「ちょっと、鼻水出たけん拭かせて。」と会話を静止することもできましょうが、上司や先輩ともなれば、「(鼻水出たことを知られるのは何だか気まずい。ここは垂れたまま我慢しておこう。早く話が終わんないかな。)」と思ってしまうことが多いのではないでしょうか。


最近やたらと園児へのマスク着用問題がニュースで取り上げられていますよね。新型コロナウイルスの低年齢児への感染拡大していることが影響しているのだと思います。

もちろんマスク着用による感染対策効果があることで推奨しているのだと思うのですが‥

乳幼児がマスクを着用した状態を想像してみて下さい。大人の僕でさえ思いがけず鼻水が垂れてしまったり、垂れたままを保持してしまっていることがあるにも関わらず‥乳幼児ならなおさら、思いがけず鼻水だったり涎(よだれ)だったりが出てしまい、気づかないうちに保持してしまうことがあるのではないでしょうか。

マスク内は、ズックズックのカッピカッピになる確率が非常に高いですよね。

では、そんなズックズックなカッピカッピなマスク内の状態を避けるためには、思いがけず出た鼻水や涎に自らが気づくか、もしくは大人(保育者)が気づいて交換するしかないですよね。


ここでブログ読者ならびに、乳幼児にマスク着用を義務づけようとする方に質問してみたいと思います。

Q.「乳幼児は、1日のうちに何回鼻水を垂らすでしょう?また、1日のうちに何回よだれを垂らすでしょう?」

もしも質問の答えが分からない方は、是非お近くの乳幼児施設へ保育参加をお申込みください。

特に冬場から春にかけては、寒い上にアレルギー鼻炎なども重なり、乳幼児施設で働く保育者の手にはティッシュが欠かせません。

まだ言葉がままならない乳児ならば特に、「鼻水が出そうだから拭いて〜。」と言うことは出来ないままに、たいていは思いがけず気づいたら鼻水が垂れていて保育者がティッシュで拭くわけです。しかし、もしマスクを着用していたならば、思いがけず垂れ出た鼻水に気づくことができないことは容易に想像がつきます。その上、定期的にマスクを交換した際に、マスク内に鼻水が付着していたならば当然交換しなきゃいけませんから、マスクの数量はティッシュ並みに必要となることも容易に想像つきますよね。


保育者の言い訳に聞こえるかも分かりませんが、これが現実なんです。

(リトマス紙のように鼻水が付着したら色が変わるマスクがそのうち出来るかもしれませんが‥)


では、ここでもう1つ質問してみたいと思います。

Q.「新型コロナウイルスが世界中で蔓延しはじめて数年が経ちますが、マスク着用以外で感染対策効果のあるものはないのです?もしくはまだ見つかっていないのでしょうか?」


新型コロナウイルスが蔓延しはじめて、対策のキーワードとして挙げられていることがらは4点あると思っています。(←あくまでも村上の主観ですので、ブログ読者の方も考えてみてくださいね。)

■密を避ける

■マスク着用

■免疫力を整える

■ワクチン接種

この4点が主だった対策だと思っています。その上で、「乳幼児には、乳幼児施設では、どうするか?」を考えなくちゃなんないですね。

考える上で外せないのは、乳幼児は大人以上に思いがけず鼻水やよだれが垂れ出てしまう存在であること。現実的にティッシュで拭く回数とマスク交換が同じ回数だけあるとしたら乳幼児のマスク着用は困難であることは誰もが想像つくはずです。またワクチン接種には、科学的根拠の積み上げが少ないため大人でさえも不安を抱える方がおられることが現実的であるため、乳幼児には困難であることも誰もが想像つくはずです。


Q.「だったら、どうするの?」


整理整頓すると、マスク着用とワクチン接種については、リトマス紙のようなマスクであったり、大人の誰もが安心して接種できるワクチンが登場しない限り困難だと考えると‥

■密を避ける

■免疫力を整える

この2点について、乳幼児に、また乳幼児施設では現実的可能な範囲で取り組まなければいけません。

富岡保育園で重点的に取り組んでいる内容として‥

★外遊びの時間をしっかり確保すること

(※土・水・風・太陽の光にふれる)

★室内は常に換気し続けること

★味噌などの発酵食品や、排泄を促す食物繊維豊富な根菜類をお昼ごはんにしっかり取り入れること

★乳幼児を見守る大人(保育者)が笑顔と「ありがとう」の言葉を巡らせること


※就職希望・ボランティア・職場体験・園見学・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

風にふれながら
2022-02-16
園見学は時間に余裕をもって

テレビを見る習慣がほとんどないなか、今期のNHKの朝ドラ「カムカムエブリバディ」だけは録画して欠かさず見ています。戦中戦後を3世代に渡る主役たちが暮らしていくさまを、波瀾万丈かつスピーディーに描写し、見逃し御法度状態になっています。(テレビマンたちの罠にまんまんとハマっています。)

そんな、主役が次々と変わるドラマの見所の1つとして“暮らしの風景”があります。戦争の瓦礫の下、“モノ”が全く無かった時代から、ラジオやテレビ、冷蔵庫など、どんどんと“モノ”が豊かになっていく風景があります。

さらにしっかり目を凝らすと、家電製品やインテリアなども、現在とは柄がまったく違うんですよね。“モノ”が無い時代から、「さあ!これから日本を華かやにしていくぞ!頑張るぞ!」と奮起している家電製品なんかの柄は、花柄や、オレンジや黄緑色などの目立つ配色が多いんです。

逆に現代のように、“モノ”があって当たり前の時代だと、花柄はうるさいんですよね。ブログ読者の方の身の回りを見渡して下さい。モノトーンな、つまりはシンプルな柄や配色の“モノ”が多くありませんか。

36歳の僕は、テレビや冷蔵庫などの“モノ”はあって当たり前の世代です。物心つく前に、ダイヤルをひねってチャンネルを変えていたブラウン管のテレビを見た記憶はありますが、それでもテレビはありました。

“モノ”が無い時代を駆け抜けた、80代以上の方々にとっての、【便利】と、“モノ”があって当たり前の僕の【便利】では、同じ【便利】でも、基準・ものさしが違うって意見には賛同して頂けますでしょうか?


さて、いつもの戯れ話はこのあたりにしまして‥富岡保育園では、「保育園では〇〇があって当たり前」の〇〇が【無い】ことがあるんですね。

例えば‥すべり台。保育園にはすべり台があって当たり前に思うかもしれませんが、富岡保育園では“無い”んです。

例えば‥運動会。保育園では運動会があって当たり前に思うかもしれませんが、富岡保育園では“無い”んです。

他にも‥制服、クラスごとの規定の帽子、発表会、参観日、お道具箱、お帳面などなど。

保育園ではあって当たり前の“モノ”や“コト”が【無い】んです。

つまりは、現代社会で言えばテレビやスマホやディズニーランドが【無い】ようなもんなんですね。


ここでブログ読者に問います。

保育園にあって当たり前の“モノ”や“コト”が無ければ、それは保育園ではもはやないのでしょうか?

もうひと越え問いますよ。

保育園って、そもそも、どんな場所なのですか?


保育園の最上位目標は『子どもたちの心身の健全な発達を守る』ことです。

そのために必要な“モノ”や“コト”などの環境を“ヒト”がデザインしていきます。

富岡保育園に【無い】モノやコトは、子どもたちの心身の健全な発達を守るための、無い理由が必ずあります。

逆に、富岡保育園に【ある】モノやコトには、子どもたちの心身の健全な発達を守るための、ある理由が必ずあります。

つまりは、当たり前だからという理由であったり無かったりする訳ではなくて、子どもたちの心身の健全な発達を守るために考えられた理由で、あったり無かったりする訳です。


園見学などに来て下されば、ひとつひとつの〇〇が【無い・ある】理由についてお答えさせて頂きます。特に無い理由に関して、「面倒だから・コストカットしたいから」などの誤解が生じないように、丁寧にお答えしたいので、見学の際にはある程度時間に余裕を持っていただければ幸いです。


園見学へ来られる前に、予習がてら、以下の問いを考えて頂きたいと思います。

・テレビやスマホやディズニーランドは何のためにあるのですか?

・テレビやスマホやディズニーランドが無いと、あなたの人生は幸せ又は豊かではなくなりますか?

・テレビやスマホやディズニーランドがあることで、あなたの人生で失った幸せ又は豊かさはありませんか?


富岡保育園での【無い】理由は、“あることで失ったこと”を勇気をもって見つめ直した結果だとも言えます。

“ある”だとか“無い”だとか、“無い”だとか“ある”だとか、頭がこんがらがりそうな内容にお付き合いして頂き誠にありがとうございました。

ブログ愛読者の今年度のおさらいと、新年度へ向けて、また園見学になかなか足が運べない方へも含めて、「富岡保育園では何で〇〇が無いの!?」シリーズ化してブログで綴ってみようかな‥。


★就職希望・園見学・ボランティア・職場体験・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

釣り竿が無ければ釣り竿を作る
2022-02-15
おしゃれは心を豊かにします

※トミホクルーとは‥富岡保育園で「見守る保育」実践を行う保育者たちの呼び名です。保育士だけに限らず、栄養士や調理師、事務員や園長なども含まれます。2017年にはじまった“大人都合ではない子ども主体”の保育実践改革に際して、現在ももちろん続いている“日々の試行錯誤の連続”が、荒波の中を協力し合う海賊船のようないでたちであったことも呼び名に影響していることをここに記しておきましょう。


先週あたりから、ちらちらと子どもたちから、ある会話が聞かれるんですね。

「わたし、A先生と一緒の髪型〜。」

「わたしも、A先生と同じ〜。」

「わたしも〜。」

この会話の根源は、A先生が先週あたりからロングヘアーから一転、ショートヘアーに変わったところからはじまるんですね。


さきほどの会話を、整理整頓すると本当はおかしいんです。なぜかってね、その子どもたちはA先生よりも先にショートヘアーになっていたんですよ。

本来なら、「A先生は、わたしと同じ髪型になったのよ。」が時系列的には正しいはずなんです。

けれども、あくまでも「わたしは、A先生と同じ髪型になったのよ。」なんですね。ここには間違いなく、A先生への【尊敬】と【憧れ】が含まれているのが、ブログ読者様にも伝わるでしょうか?

実は、A先生は今年度途中からトミホクルー入りした、新クルーなんです。「見守る保育」実践に向けて積極的な学びの姿勢を示されるかたわら、振る舞いや言葉遣い、そして服装にもプロ意識を高く持っておられるんですね。髪型もさることながら、髪飾りであったり、さりげないネイルなど、特に女子たちにとっては憧れの的なわけです。そして、その対象は子どもたちだけではないようなんです。

「わたしも、ショートヘアーにしようかな。」

「わたしも、A先生を見習って、女を磨きたいです。」

との声が、ちらちらと仲間のトミホクルーからも聞かれるんですね。


ある雑誌に‥「園の理念を体現する保育中の服装を考える」と題されて、全国浦々の保育施設の服装が紹介されていました。

富岡保育園は、とみほ村という1つの“村”での『暮らし』を体現したいと思っています。村の中で暮らす人たちが、もしも同じ服装をしていたら、「この村、どうかしてない!?」って違和感を感じませんか。いろいろな服装の人たちが暮らしていた方が、村っぽいじゃないですか。

(理念に基づいて、職員全体で髪型やヘアカラー、ユニホームを統一している園を批判しているわけでは無いので誤解しないでくださいね。)


服装、いわゆるファッションは、「そのコミュニティで自分をどう表現するか」だとも思うんですね。A先生の表現は、子どもたちや仲間から憧れや尊敬までも生んでいるんですから、とみほ村の暮らしに良い影響、波動、活力を与えて下さっていることに間違いないんです。


★就職希望・ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・ワンコインランチ・保育実習・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

※来園の際は、泥んこなどが飛び散っても支障の無い程度のファッションでおいで下さればと思います。

※ちなみに最近副園長は、最近レオパード柄、つまりは豹柄を好んでファッションに取り入れているのですが‥「わたし、村上先生と同じレオパード柄‼︎」との声はまだ聞こえてきません。果たしてレオパードブームは来るのでしょうか⁉︎

2022-02-14
「時代が急速に変化している」って言うけど本当なの?

保育雑誌しかり、なんぞやの雑誌しかり、テレビやネットの情報しかり‥AI社会だの、デジタル革命だの、「時代が急速に変化している」とお聞きになったこと、目にしたことはないでしょうか?

僕は最近、聞くたびに目にするたびに‥「ホントに急速に変化しているの?」と思っちゃう節があります。

生来のひねくれ者な性格からなのか、「右を向け」と言われれば左だったり後ろを向きたくなりますし、Aが正しいと言われれば、Zあたりを模索したくなるのですから仕方がないと思って下さい。


先日から目を通しています“私設公民館とみほ村文庫”で手に取ってしまった1冊の本‥『つるべ・新野の ぬかるみの世界』は、出版日が昭和56年の2月。つまりはかれこれ約40年ほど前の本なんですね。

アフロヘアーだった頃の鶴瓶さんと関西テレビマンの新野さんが、視聴者の投書などをもとに本音トークを繰り広げるラジオ番組から出来上がった1冊なのですが‥

視聴者の投書の内容が、なんだか現代社会で飛び交う声と変わらないんですよね。仕事や子育てでの悩みの内容もさほど変わらないんです。

ただ、悩みであったり何かを訴えるツールが、40年前は深夜ラジオの投書だったのが、現代ではスマホのSNSになっているだけのことなんですよね。


あれ!?ブログ読者の皆様!なんだか違和感を感じませんか?不思議に思いませんか?


ホントに時代が急速に変化していて、AIだのデジタルだので世の中が便利に豊かになったのならば、仕事や子育てで抱える悩みなども無くなる、もしくは変わっていてもおかしくありませんよね!?


今後もどんどんと便利で快適で効率的な世の中が、AIやデジタルまたは、その次の何かで実現されているように思わせてくれるかもしれませんが‥

結局のところ、僕たち人間という動物と言いますか生物の能力は、鶴瓶さんがアフロヘアーだった頃からも変わっていなさそうですし、たぶん現在大河ドラマで話題になっている鎌倉時代からも変わっていなさそうですよね。


「進歩している!進化している!時代は急速に変化している!だから〇〇しなきゃいけないんだよ!」って、どの時代にも騒ぎ立てることが得意な人間と、騒ぎが好きな人間がいてるだけなのかもしんないなーと、僕は思ってしまうのですが‥ブログ読者の皆様はいかがですか?

“急速な変化”ってことから、いったん距離がおけると、煽られたり急かされることなく、のんびりと生きることが許されるんじゃないのかなーとも思ってしまいます。


★就職希望・ボランティア・インターンシップ(職場体験)・園見学・保育実習・ワンコインランチ・一時保育・私設公民館とみほ村文庫へのお問い合わせはホームページTOP電話番号から宜しくお願い致します。

※私設公民館とみほ村文庫では、書籍のレンタル・小会議スペースのレンタルも行っています。お気軽にお問い合わせくださいね。

あやとりのやりとり
2022-02-13
このページのトップへ