富岡保育園へようこそ!「伸びる。成る。子どもも大人も互いに伸び合い、成長し合う『大きな家』でありたいと願い、社会福祉を支えています。

富岡保育園

副園長ブログ

“想像力を育む”天敵は誰だ⁉︎

皆様1日お疲れ様です。来月の勤務表(富岡保育園では“暮らしdiary”と呼んでおります)作成にとりかかっておりました村上です。

政府が選択制週休3日制導入を検討している最中‥富岡保育園では、今年どのような働き方をデザインできるか⁉︎

トミホクルー(富岡保育園保育者)ひとりひとりが、“豊かに暮らしを営める”助けになる働き方を考えることが、村上の課題です。


さて、お昼ごはんを虹グループ(3.4.5歳児生活グループ)ランチルームに食べに行きますと‥セミバイキングスタイルですので、食べ終わった子どもたちは、歯磨きを各自で終えて遊んでいる姿があります。

その内の1人の女の子(3歳児ガリレオclass)が、村上の座っているちゃぶ台にブロックを数個並べていきます。

女の子「はい。ドーナツを5個持ってきました。何味にしますか?」

村上「うーん。じゃあチョコレートをお願いします。」

女の子「チョコレートはこの中にありませんので、持ってきますね。少々お待ち下さいね。」

と、言って、また違うブロックを持ってきてくれたのですが‥


この会話の、3歳児が「少々お待ちくださいね」と言ったことにツッコミたくなるのですが‥

今日のツッコミ所は‥

『ブロックをドーナツに見立てたところ』です。

「それって見立て遊びのことでしょ!?」と、さらにツッコミを入れて下さった方。その通りです。

ただの“見立て遊び”ですが‥されどの“見立て遊び”なんです。

もしも、ままごとセットの中に“ドーナツ”の玩具があれば、ブロックをドーナツに見立てることはなかったはずなんですね。

そろそろ村上が何が言いたいか、副園長ブログ愛読者ならば分かってきたはずです。が、もしもブログ初心者の方もおられるかもしれないので説明しますね。

ドーナツの玩具が無かったことで、その辺りにあるブロックをドーナツに見立てる“想像力”を働かせることができたんです。

玩具がもしあったら⁉︎“想像力”は働くことはなかった⁉︎

玩具って、もしかして玩具の完成度が高ければ高いほど、子どもの“想像力”を育むにはデメリットに働いちゃんじゃないの⁉︎ってことです。


もしもブログ読者の方で、玩具選びに悩んでいる方がおられれば、本日の記事を是非参考にして頂きたいです。今年度、富岡保育園内でも玩具については、いっそう見直していきたいポイントでもあります。


※村上が密かにやってみたい実験として‥「保育園から玩具が全て無くなったら⁉︎」

皆さまどうなると思いますか?果たして全く遊べなくなるのでしょうか?(←もしも実践されている方や園がありましたら教えて下さいね)

2021-04-16
本日のラジオの内容を大公開

こんにちは。木曜日と言えば⁉︎そう‼︎生放送ラジオ番組「富岡保育園付属大学」の収録をしてきました村上です。

※全国どこからでもご視聴できます。スマートフォン[エフエムプラプラ]というアプリをダウンロードして頂き→[エフエムゆめウェーブ]→[富岡保育園付属大学]を選んで下さい。毎週木曜日お昼の13時~13時30分です。(再放送は19時~)


そして本日のブログは、アピールがてらに本日(4月15日)ラジオの内容を少しだけ紹介させて頂きます。

※ちなみに、僕のラジオ番組は「子育てと地域を応援すること」を目的としています。そしてその目的は【子どもたちの未来に希望を繋げる】を達成するためです。

本日のラジオテーマは『素敵に生きる』です。

「子育てにどう関係あるの?」とツッコミを入れたくなりますよね。実はめちゃくちゃ関係あるんです。子どもたちが健全に生きる環境に、周りに“素敵な大人”がいることって、とっても大事ですよね?

親だけに限らず、先生や、近所の方、お店の人だったり‥子どもたちが出会う全ての人が“素敵な人”であれば、子どもたちにとってこれ以上にない人環境だと言えますよね。


でもって、本日は「この人、素敵だな」と憧れる人の共通点を2つご紹介したいと思います。

ひとつ目は、【足元】です。「この人、素敵だな」と思っちゃう人の足元に注目してみて下さい。たいてい素敵な靴を履いています。また履きこなしもスマートで、かかとなんて絶対に踏んでいません。そして、脱ぐ所作もスマートで、必ずきちんと揃えます。

子育て世代の方へのオススメポイントを整理すると、「靴は靴屋で足に合った靴を購入すること」「靴のかかとは踏まないこと」「靴をきちんと揃えること」この3点を周りの大人が実践している環境で育つと、子どもたちにはどのような影響が出るでしょうか?ご想像下さい。

(少し抜粋させて頂きますね)

ふたつ目は、【お花】です。「この人、素敵だな」と思っちゃう人のお家やお庭には、必ずお花があります。もちろん自らで家庭菜園をされる場合もありますが、花屋さんへ出かけて購入したり、山や野花などを摘んで、花器にうつして飾ってあったりします。

子育て世代の方へのオススメポイントを整理すると、「散歩などで摘んだ草花などを空き缶や空き瓶に生けて食卓に飾ってみよう」です。子どもたちの目が触れる場所にお花があると無いでは、心の豊かさにどのような影響があるでしょうか?ご想像下さい。

以上のようなお話を30分ほどダラダラとしゃべっています。もしもご興味や関心を持たれた方はラジオご視聴してみて下さいね。(YouTube「富岡保育園付属大学チャンネル」でも過去収録したものを配信しています。)


☆とみほ村のお庭や富岡保育園の室内にも実はたくさんのお花で子どもたちや大人たちの心を豊かにする仕掛けがなされています。4月15日現在に咲いているお花を紹介しますと‥スノーポール、ラナンキュラス、ガーベラ、タイム、アジュガ、デイジー、ワスレナグサ、ビオラ、チューリップ、ワイルドベリー、キンギョソウ、アネモネ、ニラソウ、パンジー、オルレア、藤の花‥などなどでございます。お花見がてら岡山県笠岡市富岡605までお越し下さいね。

藤の花、見頃ですよ
2021-04-15
「お迎えトーク」の価値とは

皆さま1日お疲れ様です。夕方の玄関先での保育者と保護者の「お迎えトーク」を盗み聞きしながら白湯を飲んでおりました村上です。内容はよく分かりませんが、保育者と保護者でひたすら笑い合っていました。とにかくhappyさは伝わりました。


実は「お迎えトーク」って、ほんのわずかな時間なんですが、富岡保育園では、とても、いや‼︎とっても‼︎めっちゃくっちゃ‼︎価値を置いている時間なんです。

なぜかって?

まず挙げられる理由として、富岡保育園では「連絡帳」という存在がありません。乳幼児施設なんかでよくある、「今日は〇〇をしました。〇〇君は、〇〇が好きで‥」と保育者がお昼寝の時間などに保護者へ伝えたい内容を書くものです。もちろん保護者も、お家へ帰ってから家事の合間をぬって、「家では〇〇をして遊ぶのにハマっています。〇〇君は、‥」と保育者へ伝えたい内容を書くものです。


「じゃあ、富岡保育園では、どうやって保育者と保護者が伝え合うの?」ってツッコミを入れて下さいましたか?

ありがとうございます。

それは、毎日の『コミュニケーション』です。

登園した時、お迎えにきた時の、わずかな時間ではありますが、“必ず、挨拶に加えたコミュニケーションをする”ことです。SNSやメールやアプリなども使用しておらず、とにかくお会いしてのコミュニケーションという方法をとっています。

だからこそ‼︎「お迎えトーク」は価値があるんですが‥


実は‼︎もう1つの理由があるんです。連絡帳の変わりにコミュニケーションで子どもの健康状態や1日の姿を伝えることはもちろんのこと‥

お迎えの時間って、保護者の方にとっては、「仕事の役割」から「家庭の役割」へスイッチを切り替える時間なんです。

「お迎えトーク」が、天国or地獄によって、家庭の役割に影響が出るんです。

本日笑い合って帰られた保護者は、99%、家庭の役割もhappyにスイッチを切り替えることができたんだと思います。

保護者が家庭の役割(母親や父親など)にhappyにスイッチを切り替える役に立つために、トミホクルー(富岡保育園保育者)は、“笑顔”と“感謝”を巡らせ続けたいと思っております。


※文脈で“わずかな時間”と表記しましたが、ご相談などなど、お時間が許されるならば、ゆっくりとたくさんコミュニケーションをとりたいと願っております。ともに子育てをする仲間として、今後とも宜しくお願いいたします。

アイランドキッチン
2021-04-14
よくある質問にお答えします

皆さま1日お疲れ様です。早朝に富岡北地区の小学生の登校班について歩いておりました村上です。昨年度卒園児も無事にランドセルを背負って勇ましく歩いていましたよ。


富岡保育園によくある質問の内に、「富岡保育園の自由な環境と、学校の環境って、まるで違うじゃないですか!?“環境の違い”に子どもたちは戸惑ったり、慣れるのに困るのではないでしょうか?」との質問があります。


ブログ読者の方はどのように思われるでしょうか?


実はこの質問ってとても的を得ているようで、かなりの誤解理解をしちゃっているんです。(偉そうに答えましたが、ここから詳しく因数分解しながら説明していきますね。)

富岡保育園での保育目標「遊べる子ども」とは、具体的に言うと【自ら考え判断し行動できる人間】です。大人(保育者)から○○を教えられる、してもらう、ことが上位目標になっていませんので、子どもたちは、いちいち自分で考えなきゃいけませんし、その度に選択したり、そして行動にうつさない限り、楽しく遊びこむことができません。

つまりは、〇〇の時には、私・僕は、今何をすることで楽しく遊ぶ時間を持つことができるのか!?を常に考え続ける習慣があるってことです。

学校生活を送る上で、保育園生活とは違う環境で、国語や算数の教科学習の時間があるとして、私・僕は、今何をすることで楽しく学べるだろうかと考える思考回路ができているってことですよね?

逆に、乳幼児期に大人から〇〇を教えてもらう、してもらう、そんな習慣がついてしまっていたらどうでしょうか?“環境の違い”を感じた時に、その子どもはどのように対処するのでしょうか?手取り足取り環境の違いを大人が克服しなければならないのでしょうか。


多かれ少なかれ、コミュニティが変われば、“環境の違い”は必ず生じます。園児や学生はもちろん大人だって、そうですよね。

環境の違いに戸惑ったり、困ることを想定した上で、その時どのように“自ら考え判断し行動できるのか”を基に『しぶとく』『粘り強く』生きる力を育む時間に、富岡保育園は寄り添っていきたいと思います。

※付け加えとして、戸惑ったり、困ったりすることを想定した上で、“自ら”という表記をあてましたが、これは「自分で全部解決すること」ではありません‼︎誤解しないで下さいね。負の状況から打開するために、助けや救いを求めることも、子どもが主体的に取り組む遊びのうちで学べる要素です。

改修した乳児室をちょい見せ
2021-04-13
“スピード”と“テクニック”にとらわれない保育実践を心がけようby乳幼児教育実践研究家 井桁容子先生

皆さま1日お疲れ様です。本日は珍しく保育LABOで1日事務仕事をしておりました村上です。

(※園庭長から、LABO内に「大でまり」というお花を生けて頂き、素敵な空間の中とても仕事がはかどりました。ありがとうございました。)


さて、本日は、富岡保育園職員限定記事「とみほNEWS」を公開してみたいと思います。限定と聞くと、「なんだか怪しい情報を村上が流してるんじゃないの⁉︎」と誤解を招くおそれがありますよね。内容はいたって、社会人として、保育のプロとして、当たり前の内容を毎日綴って情報共有しております。

(4月10日土曜日の「とみほNEWS」の一部です)

#0410 サタデーNEWS

おはようございます。ある卒園生の保護者が、「花子が“早く勉強したいー‼︎”って泣くんです。保育園で遊び尽くしたから⁉︎」と、つぶやいていました。


さて、本日は、トミホクルーの主任のお気に入りの先生【井桁容子先生※乳幼児教育実践研究家】のコラムを紹介しますね。


※できれば、全クルー熟読してほしい、保育者あるあるへの内容です。

※長文ですので、省略したり、まとめながら紹介していきますね。


世の中も、保育の場も、さまざまな課題と直面している春ですが‥

それでも子どもたちの心は、傍にいる大人たちの“こころもち”次第で、安心で支えることができます。


「大変‼️大変‼️」と気持ちに余裕のない大人と一緒にいる子どもと‥『こんな時こそ、落ち着いて丁寧に対応しよう。』と心がける大人のそばにいる子どもとでは‥もらえる【安心の質や量】はまるで異なります。


大人も心のゆるみにくい日々ですが‥プロ魂にスイッチを入れて、すべての子どもを愛で包み込む保育を心がけたいものです。

(抜粋)


(とあるベテラン保育者のエピソード紹介から、井桁容子先生の解説へ)


これまでは、「一口だけでも頑張ったら‥」「食べるところ見ているよ」などなど子どもたちに話をしていた。しかし、この言葉は子ども一人ひとりを尊重していないことに気づかされ、考え方が変わった。


子どもたちに「無理して食べなくても大丈夫だよ。大きくなったら食べられるようにかるかも」など声をかけるようにすると‥子どもたちから笑顔が見られるようになり、友だちとの会話を楽しみながら食べるようになった。

時には「ちょっとだけ食べてみる」と自分から言い出すことも見られるようになった。

また、これまでは残食の量が気になっていたが、一人ひとりの“お腹の空く時間”や“食べられる量”も個別に盛り付けを工夫した。

(抜粋)


乳児の睡眠では、ぼーっとする姿、目をこする、泣くなど、眠くなった時の子どもの様子を見て、把握できるようになった。

手足を触りながら、体の状態を見ていく。

手足が温かくなったら眠くなったサインかもしれないと判断し、子どもにあったリラックスできる入眠方法で心地良く入眠できるお手伝いをした。

昼寝をあまり必要としない子どもには30分〜1時間は体を休めるようにし、その後はお絵描きやパズルなど遊べるスペースを設けたので、昼寝を必要としない子も楽しく午睡時間を過ごせるようになった。


(解説↓)

保育の中にある養護的なな関わりの中でも「食事」と「睡眠」については、ベテラン保育者の得意分野で、新米保育者が最も自信をなくすところではないでしょうか?


不思議と、ベテランが食べさせたり、寝かせたりすると上手くいくことが多いですよね。

しかし上手くいくからと【経験主義】【結果主義】に陥ってしまうと危険です。

いつの間に‥食べさせる量や、寝かせつける時間の“速さ”にとらわれていき、テクニックに走りやすくなるからです。

その意味で、上記のエピソードを綴ったベテラン先生は、あっさりとこれまでの自分の考え方を入れ替えて、学びを子どもの立場に立った保育実践に反映させました。

と、いった井桁容子先生のコラムを紹介した「とみほNEWS」記事でした。

(この後は、富岡保育園保育実践でのかなり細かい部分について、【経験主義】【結果主義】に陥っていないか⁉︎また、【スピード】【テクニック】をとらわれていないか⁉︎を具体的例を出しながら考察していきました。※あまりにも長い、また厳しい内容のため副園長ブログ内では省略させて頂きます。)


★トミホクルー(富岡保育園保育者)は日々、保育の質を向上するために学びを続けております。「わたしも、僕も、一緒に学びたい‼︎」とのお声があればいつでもお問い合わせ下さい。電話番号はホームページTOPに掲載しています。お待ちしておりますね。

LABO内の生花
2021-04-12
途中の景色の美しさを伝える

皆さま1日お疲れ様です。さきほど実家の犬と散歩をしておりました村上です。実は全くなついていないので、思うようなコースが歩けないんですね。進んだかと思うと止まって、止まったかと走り出したり。

なんだかんだと歩いていくと、裏山で父親に会いました。(家族ネタを少々すみません)父親は定年退職してから地元の里山づくりに勤しんでおりまして、その一環で、ウォーキングコースを仲間たちと作っているんです。(岡山県浅口市寄島町国頭ウォーキングコース)

けわしい山道もコースに含まれていて、はじめてチャレンジする方にとっては、“先が見えない不安”がたつんだそうです。その際、父親や仲間たちは、【途中の景色の美しさ】を紹介したりしながら励ますわけです。

なんだか、ある活動に似ていませんか?

ブログ読者の方ならばお分かりですよね。

「子育て」です。

我が子が、この先、将来、どうなるんだろうか?私の、僕の、子育ての仕方はあってるのだろうか?

“先が見えない不安”と常に向き合っておられる保護者の方たち。早く頂上へ‼︎大人に‼︎立派な社会人に‼︎って思えば思うほど、【途中の景色の美しさ】に気づけないでいるかもしれません。

そんな時こそ、保育者の出番ですよね。“先が見えない不安”をかかえる「子育て」を共に、一緒に向き合いながら、【途中の景色の美しさ】を伝えて励ます役割があります。

そして、時には、一息をついたり、お茶を飲んだり、休憩もしないと、しんどいですよね。大人になるまでの、立派な社会人になるまでのタイムを競っているわけじゃないんです。ゆっくり、のんびり、【途中の景色の美しさ】に感動しながら子育てができれば良いんだと思います。


※「子育て」の【途中の景色の美しさ】を紹介して欲しい方は、岡山県笠岡市富岡605富岡保育園まで足をお運びくださいね。お待ちしております。

※ウォーキング、トレッキングにご興味ある方は、岡山県浅口市寄島町国頭ウォーキングコースへチャレンジしてみて下さい。瀬戸内海が一望できるようです。

隙間に紙をちぎって入れる遊び
2021-04-11
『トイレトレーニングの上手くいく方法』※子育てお悩みランキング上位です‼︎

皆さま1日お疲れ様です。小学校5年生くらいまで、おねしょをしていた記憶のある副園長村上です。(←言いふらさないで下さいね)


さて、本日は、とみほ村にあります富岡保育園の保護者の悩みで常に上位にランキングする‥

『トイレトレーニングの上手くいく方法』についてお話ししようと思います。

(もしも読者の方でお悩みの方がおられればメモのご用意を)


と、その前に‼︎

そもそも‼︎なんで赤ちゃんはオムツをつけているのでしょうか?

赤ちゃんたちはオムツを自分の意思でオムツをつけているのでしょうか?

赤ちゃんたちって、オムツ交換でオムツを外した時に、手足をバタバタして喜ぶ仕草をしませんか?

実は赤ちゃんたちってオムツを好きでつけているわけじゃないんですね。オシッコやウンチがお部屋などで垂れ流されてしまったら困るという大人の都合でつけているんです。

再確認しますね。『オムツは大人の都合のために、赤ちゃんにガマンしてつけて頂いている』との理解をして下さい。


その上で、赤ちゃんにとっての本来の自然な排泄(オシッコやウンチ)とは?

答えはシンプルです。大人の僕たちた同じように、「何にも邪魔なれない【開放的な空間】で排泄する」ことです。

生まれて間もない赤ちゃんが、オムツ交換する際に、オムツを開けた時に、ピューとオシッコを飛ばすことがありますよね?あれが本来の赤ちゃんの自然な排泄です。

大人も赤ちゃんも同じなんですね。大人だってオムツを履かせられてオムツの中で排泄するのって嫌じゃないですか?


けれども、日本で言うと、さすがにお部屋の中で垂れ流したり、お外でフリーに垂れ流すことは現実的に無理ですよね?

赤ちゃんたちは大人の都合でオムツを着けることによって「オムツの中という【閉鎖空間】で排泄する」という本能とは反する排泄行動を赤ちゃんたちに学ばせるわけです。

ですから、お悩み上位ランキング「トイレトレーニング」たるものは、「オムツの外という【開放空間】で排泄する」という排泄行動の再学習をするということなんです。

つまりは、本来ならば保護者は悩まずに済んでいた、子どもたちも再学習する必要のなかった、【開放空間】での排泄=トイレトレーニングは、日本の大人の都合のためのオムツ習慣のために必要になったことなんですね。

ですから、お悩みの方は、まず自分を責めないで下さい。日本ではオムツをつけざるを得ない生活習慣なんです。そしてトイレトレーニングがなかなか進まない子どもを責めないで下さい。オムツの中という【閉鎖空間】で排泄する本能とは反する学習を素直にした結果、オムツの外という【開放空間】で排泄する再学習がすんなりいかないだけなんです。許してあげてください。

※トイレトレーニングがうまくいかない理由については理解できたから、じゃあ、上手くいく方法を教えて‼︎とツッコミを入れて下さったかた。後日詳細記事を綴りますね。それまでの宿題として、目の前のお子さまが、オシッコやウンチをする前の表情だったり仕草だったりを観察だけしてください。よろしくお願いします。


2021-04-10
子育てに“スマホダイエット”

皆さま1日お疲れ様です。最近“スマホダイエット”を心がけている村上です。

スマホダイエットとは⁉︎スマホを持たない時間を意識的に作ることです。

村上って、ただの今もスマホでブログ記事を綴っていますし、YouTube動画もスマホで作りますし、なんならトミホクルー(富岡保育園保育者)宛のNEWSもスマホで綴ります。またプライベートでも地域の消防団の役になっていたりしますので、基本方時もスマホを離していないんですね。

すると、“常に誰かと繋がっている状態”にあるわけです。もちろんメリット・デメリットがあるわけなのですが、仕事柄や性格もあるのでしょうが、何か素敵な場面(風景や景色、子どもの遊ぶ姿など様々)を見かけると‥「わー。めちゃくちゃ素敵やん。カメラで撮って伝えたい‼︎」ってなるわけです。富岡保育園では広報担当ですから、もちろん必要な行為ではあるのですが‥

最近ふと思ったわけです。「スマホを持たないでいれば、もしかすると、その場面をもっとじっくり味わえるのかもしれない。本質に迫れるのかもしれない。」

そこで、夕方、とみほ村近所をひとりで散歩する際だけは、スマホを保育LABOに置いて出かけることにしました。はじめは「うわー。めちゃくちゃ素敵な夕日〜‼︎誰かに伝えたい‼︎」と思ってしまっていたのですが‥本日は「うんうん。僕のための最高の夕日だな。」と感じると、今まで聞き取れていなかった風の音や鳥の鳴き声などが聞こえるんですね。


で‼︎ココからが本日のテーマなのですが‥ 子育てにおいても、“スマホダイエット”してみるのはいかがでしょうか?との提案です。

保護者の方も含めて、愛する我が子が最高の笑顔の瞬間「わー!最高‼︎スマホに記録しよう‼︎」となりますよね。もちろん良いことだと思います。けれども反面では、記録したい‼︎誰かに伝えたい‼︎って大人が考えている間に、子どもの心の声を聞きそびれることになるのかもしれません。

また、子育ての“スマホダイエット”の最大の目的は“情報の断捨離”です。ついつい困ったり悩んだりすると便利なものですから手っ取り早くスマホに頼りますよね。例えば夜泣きがひどいお子様がいれば「夜泣き 泣き止む方法」などと検索して考えるものです。例えはトイレトレーニングが大人の期待通りに進まなければ「トイレトレーニング 成功する方法」などと検索するものです。

けれども‼︎スマホで検索している間の、お子様の心の声ってもしかして聞きそびれていませんか。結局のところ、本屋さんで売っている「男の子の育て方・女の子の育て方」や「東京大学に入ることができる子育て方法」などは、著者の経験によるところが大きかったりします。もちろん参考までに読んだり検索するのもありですが、子育てで1番参考にしなきゃなんないのは‥

ブログ読者なら、もうお分かりですよね?

『子どもの心の声』です。


子どもの心の声を聞きそびれないためにも、スマホダイエットはオススメですよ‼︎との本日のブログ記事でした。


★とみほ村にあります富岡保育園では、ボランティアやインターシップも随時お受けしています。電話での受付になりますのでホームページTOPのお電話番号までおかけ下さい。富岡保育園で“スマホダイエット”して頂き、じっくり丁寧な暮らしを味わって頂ければと思います。

ひとりタイヤ風呂⁉︎
2021-04-09
副園長ブログ600日連続更新

皆様1日お疲れ様です。本日、副園長ブログ600日連続更新しました‼︎おめでとうございます‼︎パチパチパチパチ‼︎ブログ読者のお声のお陰で毎日続けられております。目指せ601日連続更新‼︎今後もつたない文章ですがお付き合いして頂ければ幸いです。

さて、木曜日と言えば⁉︎村上太志の「富岡保育園付属大学」ラジオ生放送が13時よりありました。

(※本日のテーマは「親子ほっこりエピソード」と「ラジオ視聴者宅への訪問エピソード」です。聞き逃した~‼︎って方はYouTubeチャンネル「富岡保育園付属大学」をのぞいてみて下さいね。)


さて、ブログの方で本日取り上げますのは‥『“またねの会”の効果が爆上げ中』です。

“またねの会”と言うのは、一般的な乳幼児期施設で言えば、卒園式と呼ばれる行事です。2年前から、行事の目的を名前に反映してみたらどうだろうか?と当時の主任先生のアイデアから、富岡保育園では卒園式のことを“またねの会”と呼ぶようになりました。


“またねの会”では、乳児の頃からの成長をDVDなどからたどりながら、「これで、バイバイじゃないからね。いつでも、いつまでも、私たち富岡保育園は君の味方だからね。だから、“またね”って最後にはいつも言うからね。」といったメッセージを徹底的に送り続けるんですね。


すると、本日‼︎笠岡市内の小学校の入学式だったのですが‥入学式後に、多くの親子が新しい制服とランドセルに身を包まれながらお寄りして下さったんですね。かしこまる姿や照れる様子もありながらも、“また”富岡保育園へやって来て下さったんです。ランドセルを背負いながら、園庭を駆け回る姿に、保育者も在園児も「おかえり〜♡」の眼差しと声があがっておりました。


いつでも、いつまでも、何度でも、帰ってきてね。みんなで「おかえり♡」を伝えさせて頂きますね。

(※小学生に限らず、中学生も高校生も。いやいや社会人になったって。いやいや卒園児だけに限らず、一度でも、とみほ村へ富岡保育園へお寄り下さった方には「おかえり♡」と伝えさせて下さいね。お待ちしております。)

春のひかりより
2021-04-08
アトリエ引越し後を検証報告

皆さま1日お疲れ様です。ブログ読者の方も含めて、4月期って“環境の変化”を最も受けやすいのかもしれませんよね⁉︎そんな時に、“心身の体力”を整えることができるか⁉︎が鍵を握ってくるんだと思います。そんな時に‼︎江戸時代、いわゆる免疫力を整える発酵食品のほとんどが開発された時代のオススメ食を紹介しますね。

お味噌汁に、納豆を刻んで入れます。それに加えて、納豆、揚げを投入して、頂くんですね。すると、心身の乱れが整うんだそうです。騙されたと思って一度チャレンジしてみて下さい。


それでは‼︎本日のテーマ

【アトリエお引越し後を検証報告】

昨年度、アトリエ(絵画や製作など)ゾーンは、主に生活するお部屋から離れて設置していました。メリットとしては、籠ってすることができるので没頭しているのを邪魔されることがない。加えて、散らかしたままでも生活に支障が無いので“続き”を残しておきやすいです。

しかし、デメリットとしては、離れのスペースが狭いため、人数が限られてしまい、興味ある子どものタイミングで参加することが難しいことにありました。


そして、このたび、アトリエゾーンを、虹グループの生活スペースの一角にお引越ししました。ランチゾーンのすぐ側です。虹グループでの取り決めは、お昼ごはんが終わってからアトリエゾーンは解禁するとルールが決められたようです。

さっそくお引越し効果から、メリット・デメリットが見えてきました。検証していきますね。

メリットとしては、お昼ごはん後に、自分の好きなタイミングでアトリエゾーンに参加できること。参加人数に制限がないことも子どもの気持ちに寄り添う結果になっています。また、ランチゾーンの側であることから、保育者の目が届きやすく、ハサミの使用であったりも、安心して見守ることができることも挙げられるでしょう。

次にデメリット。参加人数や道具類の制限がないため、活動量が濃くなります。すると、当然‼︎散らかり具合も広がります。加えてランチゾーンの側ということで、散らかしっぱなしには出来づらいことです。

このたびのデメリットには、保育者同士、また子どもとの〇〇で解決にあたったようです。〇〇とは?


クイズです‼︎


Q.「めちゃくちゃ子どもたちが楽しんだ後、めちゃくちゃ散らかってしまって、次に3時のオヤツが控えています。さあ、どうする?」


A.「保育者と子どもたち、とみほ村の仲間で【協力】して片付ける。」です。

仲間が困った時に助けるって当たり前のことを当たり前にできるコミュニティであることを体現した良い例だったと思います。


富岡保育園では、保育実践について、随時アップデートを繰り返しています。その度にきちんと検証し次へ活かすことを怠らないように努めます。随時ブログでも報告していきますので確認宜しくお願い致します。

没頭中
2021-04-07
おしゃべり大魔王、黙る努力

皆様1日お疲れ様です。小学四年生の時に担任先生から「おしゃべり大魔王」と怒られていたほど、しゃべるのが好きな村上です。つまりは、しゃべるのが好きってことな、「聞くのが苦手」ってことでもあります。苦手克服への一歩として、保育LABOのホワイトボードには『沈黙は金~沈黙を怖がらず、黙って聴く(言葉だけでなく表情を見て全身で聴く)』と書いて貼っています。頑張れ‼︎おしゃべり大魔王村上‼︎


さて、本日も、とみほ村には、多様な方たちが、たまりに集まってきました。(たまろう、とみほ村。)

その中の1人に、今年度から中学生になる卒園生の女の子がいました。実は、この女の子が卒園する年の担任が、おしゃべり大魔王の村上なんですね。当時から、この女の子は、口数は少なめで、大笑いなどもすることも無く、表情の変わらない、幼児ながらに冷静でありました。そんな女の子が、実は最近だけで3回も、とみほ村にやってきて、富岡保育園の子どもと時間をともにしているんですね。

正直に、当時担任であった、おしゃべり大魔王村上は意外でビックリでした。だからこそ動向が気になっちゃったんですね。卒園生の当時口数の少なかった女の子が、園児と遊ぶ姿を追っていくと‥

大きな声をあげることもなく、表情もほとんど変えない中に、時々、うっすら微笑む様子。そして、子どもと話す時は、相手の子どもにだけ聞こえる程度で。子どもが遊ぶ姿を、黙って見て、ときどき微笑んで、必要な時にだけ手を差し伸べる、当時口数の少なかった卒園生の女の子。


おしゃべり大魔王村上は、本日学びました。相変わらず口数が少ない卒園生の女の子。口数が少ない=『黙って聴くことができる』=他者の深層心理に繋がる気持ちを理解することができる、なんですね。まさに見守る保育のお手本のような、相変わらず口数の少ない卒園生の女の子の姿。

逆を言ってみれば、おしゃべり大魔王=他者の深層心理に繋がる気持ちに気づかないんです。当時口数の少なかった卒園生の女の子は、黙っておしゃべり大魔王ぶりを発揮していた担任の村上の気持ちを理解してくれていたんだと思います。(←ちょった情けない話ですが、たぶん合ってると思います。)

ブログ読者の方の周りにもいませんか?口数が少ない方、多くを語らない方はいませんか?実はその方たちって、めちゃくちゃ相手の深層心理に繋がる部分まで聴いて理解していたりするんですよね。ラジオDJおしゃべり大魔王の村上にとっては、耳が痛い話ですが、遠からず近からずの事実だと思います。


※話すのが苦手でお悩みの方。またお子さまが話すのが苦手でお悩みの方。実は隠れ聴き上手なんです、あなたは、お子さまは。聴き上手は、共感力が抜群なんですね。おしゃべり大魔王としては、うらやましい限りです。(明日から、もっと黙る努力をします‼︎)


村上の黙るトレーニングに協力して下さる方は、子育てから恋愛から、多様な相談をふっかけて下さるとありがたいです。黙って聴くよう努めたいと思っておりますので、ご協力よろしくお願いします。(電話でのご相談はホームページTOPから、又は09X33715648まで)

卒園生から学ぶ時間
2021-04-06
〇〇変換の極み、千利休さん

おはようございます。乳児が主に生活するお部屋(0.1歳児空グループ)のエアコン取り付け作業を横目に、日曜日のルーティンワーク(玄関前掃き掃除)をしております村上です。あらためて、いろいろな職人さんに保育環境をサポートしてもらっているのだと実感する本日です。休日にありがとうございます。


さて、全国浦々咲き誇っている桜も、地域によっては散っていくのでしょうか。とみほ村の裏庭の桜も今日が満開でございます。ご近所の富岡公園・徳民於賀神社の桜は少し散りはじめて、石階段が花びらのじゅうたんになっていたりもしますね。

散りゆく様を見ると、わびしいような、さびしいような気持ちになるのは村上だけではないのではないでしょうか。

この折に、日本の文化における『侘び寂び』という美意識について、本日少し思考を巡らせてみようと思います。


“侘しい”も“寂しい”も、言葉の意味としてはどちらかと言えばネガティブな要素があります。落ち込んでしまいそうな、塞ぎ込んでしまいそうなイメージですよね。

しかしながら、先人たちはネガティブな要素の中に美意識を感じとり『侘び寂び』を文化にまで昇華させたんですね。

まさに、ポジティブ変換の極みです。

例えば、「侘び寂び文化」の貢献者である千利休さんが、現代のウイルス渦における時代を生きていたら、どのような施策を講じられたでしょうか?

千利休「総理。オリ〇ピックなどの、派手なイベントはお控えなさいませ。今は静かに佇む時です。」

千利休「園長先生。時は移ろうものです。ないものをねだるよりも、あるものに美しさを見出しなさいませ。そして子どもの平安な時をお守り下さい。」

千利休「村上さん。少しお黙りなさい。あらゆる物や人の心に耳をお澄ませなさい。」

と、おっしゃられる気がするのは僕だけでしょうか。

(妄想が過ぎましたね。)


少し話を変えますね。乳幼児施設として気になるNEWS「子ども庁」創設案について。厚生労働省管轄の保育園、文部科学省管轄の幼稚園の一元化も案に含まれているようです。多かれ少なかれ、富岡保育園も何かの影響はあると思います。変化をどのように受け止めるか?子どもたちの未来に希望を繋げるための施策に、もしも今携わっている僕たち保育者に多少のネガティブな要素が含まれていたとしたら‥不平不満や文句を並べるか⁉︎もしくは、あるがままを受け止め、ポジティブ変換していくか⁉︎‥富岡保育園は後者でありたいと思っています。

満開から移ろう
2021-04-04
「富岡保育園では何で運動会や発表会が無くなったんですか?」

おはようございます。早朝、水やりをする保育者と子どもを横目に、花壇の花々に心を奪われておりました村上です。気持ちの良い朝は目に入るもの全てが潤って見えるものです。


さて、本日は保護者からよくある質問に正直にお答えさせて頂きたいと思います。

Q.「富岡保育園では何で運動会や発表会が無くなったのですか?」

新入園児の保護者の方には見学説明などでお答えしています。また継続園児の保護者へも必ず説明している質問です。

ただ、一度説明したからと言って、納得や理解がすぐに出来るかと言えば、そうではないと思うんです。なぜかって、僕も含めて大概の大人の方の幼少期には当たり前にあったからです。保育園と言えば、幼稚園と言えば、小学校と言えば‥運動会や発表会、学芸会があって当たり前!って時代を生きてきたからです。

加えて、他の乳幼児施設や学校へお子様を通わせておられるママ友などの保護者からも、「え!?運動会、発表会、参観日、バス遠足ないの!?その保育園、大丈夫!?」って言葉を浴びる可能性だってあるんですね。よほどの信念が無ければ「やっぱり、富岡保育園はおかしいのかな⁉︎」ってなるのも無理は無いかもしれません。ちなみに、その方たちも僕を含めた運動会・発表会が当たり前にあった世代です。

「〇〇があって当たり前」という方へお答えする時って、実はかなり難易度が高いんです。なぜかって、なかった頃を知らないからなんです。例えば現代っ子はスマホがあって当たり前ですが、僕たち大人世代の方はスマホが無かった時代も生きてきました。ですから、スマホのメリットやデメリットについて比較して考えられることができるんですね。

(今日の記事は少し長くなりそうです)

それでは、上記を踏まえた上で‥

Q.「富岡保育園では何で運動会や発表会が無くなったの?」

まずはじめにお伝えしたいことは、コロナ禍とは全く関係なくやめております。2017年11月にはじめた保育実践改革に基づきやめました。この改革の根っこにあるのは「今を生きる子どもたちが、社会へ出る時代に必要なチカラとは!?」を常に保育実践に反映することにあります。

大人の言うこと、誰かに言われたこと、だけを行い、大人に、誰かに、評価されて一喜一憂するチカラが、果たして次世代に必要なチカラとなるでしょうか?AI社会がめざましく進む中、言われたことだけを淡々とこなすチカラはロボットの役割になるのは目に見えています。

富岡保育園が価値を置いている次世代に必要なチカラとは「自ら課題を持ち、考え、判断し、行動するチカラ」にあります。このチカラを最大限に育てる環境を保育実践改革では常にアップデートしながら実践しています。

そしてその結果、運動会や発表会など、保育者が介入のシロが多い活動についてはやめました。

上記を読むと、「じゃあ、大人の介入のシロを減らして、運動会や発表会をすれば良いのではないですか?先生たちが楽をしたいからではないんですか?」とのお声も実はよくありました。

上記へのお答えする前に‥保護者の方にとって「当たり前にあるであろう運動会や発表会で、子どもの成長を感じる喜び」を奪っているのも素直に認めさせて頂きます。ただ‼︎富岡保育園が伝えたいことは、『当たり前であろう、日常の暮らしから、子どもの成長を感じる喜び』へ価値を変えませんか?との提案なんです。

“特別な行事”は見映えがしたり、裏側には保育者の意図で成長が感じやすい環境が整えられているものです。ですから、保育者が保護者へお子様の成長を伝えるにはかなり簡単であるとも言えます。しかし‼︎“日常の暮らし”を特別な時間に感じとって頂き、その上で子どもの成長を伝えることは、とてもチャレンジングでもあります。決して、楽ではありません。日々の暮らしの中での成長や喜びをその都度その都度、保護者へ伝える努力をしなければならないからです。

どうしてもブログ記事で伝えると村上からの一方的な意見になりやすかったりします。もしも上記のようなご質問があれば直接お問い合わせ頂ければありがたいです。まだまだ本日のテーマについてはツッコミどころがあって、例えば、「運動会や発表会が無いと、人前で表現することが苦手なままになったりしませんか?」という派生した質問が出てもおかしくありません。その際は、「そもそも表現とは何か?」と探りながら答えを一緒に見つけていきたいと思います。


※富岡保育園の保育実践について、疑問や相談などあれば気軽にお尋ね下さいね。

日常の暮らし
2021-04-03
江戸時代末期に蔵として利用していたお部屋を改修しています‼︎

皆様1日お疲れ様です。春の陽射しはきついですね。ブログ読者の方も紫外線対策、熱中症対策をして下さいね。

※とみほ村では、お庭には昨年度植えましたネズミモチの木なども含め、たくさんの木陰を利用して遊んでいます。テントなどの人工的な陰に比べると、“そよ風”の当たり方が違いますよね。


さて、実はとみほ村にあります富岡保育園内の乳児が主に生活するお部屋(空グループ0.1歳児)を昨年度末から改修しておりました。そして本日ほぼほぼ完成いたしました。

江戸時代末期に蔵として使用されていた場所を“古民家”の特性を活かして改修しました。天井部には梁を剥き出しにして、壁は漆喰調にさせて頂きました。また照明はスポットライトをあしらいました。梁の木目であったり、漆喰の模様であったり、スポットライトの調光での影であったりを楽しめるお部屋になっています。


※改修したお部屋以外にも、“古民家”の特性を活かしたお部屋はたくさんあります。ご興味ある方は是非足を運んで頂ければと思います。その際には、各お部屋に“段差”が多数存在しています。転げないように“段差”を無くすことも出来ましたが、あえて“段差”を残す環境を整えています。いわゆる転げやすい環境です。なぜか⁉︎とみほ村を一歩出れば、道路などの至る所に“段差”はつきもので、転げにくい環境で育ってしまうと、一歩外に出れば転げやすくなるのは目に見えています。転げやすい環境で、暮らしの中で運動機能を育むことに価値を置いて環境を整えています。(子どもや保育者を含めた大人も時折転げてしまう場面があります。その際は友人や仲間が寄り合って「大丈夫⁉︎」と気遣いある場面に必ず立ち合えます。)

2021-04-02
【卒乳の正しい時期とは?】

「こんにちは。村上太志です。4月1日木曜日‼︎お昼の1時を迎えたところです。本日からリニューアルオープン富岡保育園付属大学チャンネルいきましょう‼︎」

と、さきほど、エフエムゆめウェーブ生放送ラジオでおしゃべりしていました村上です。早いもので半年経っちゃいました。この4月からは、番組改編で30分早めの13時スタートです。(再放送は19時~)お昼ごはん後に胃袋が休まるお話をしていきたいと思いますので、ご都合つく方はご視聴してみて下さいね。

ちなみに、本日は‥富岡保育園の「はじめましての集い」について・富岡北地区まちづくり協議会のメンバーのご趣味について・赤ちゃんの卒乳に対しての世界平均年齢について、をお話しさせて頂きました。


せっかくなので、赤ちゃんの卒乳に対しての世界平均年齢についてのお話を少しだけ紹介しますね。

ブログ読者の方はお分かりでしょうか?

「だいたい1歳か1歳半くらいちゃう?」と、思われた方いますよね?

正解は‥

『4.2歳‼︎』

えー‼︎4歳と2ヶ月で、卒乳するんですかーー!!!って驚愕した方おられますよね?

じゃあ、なんで、日本では1歳半くらいまでに卒乳させようとする働きかけをするのでしょうか?

詳しく知りたい方は村上までお問い合わせ下さい。実は人間の生物的構造ではなく、政治や経済が絡んでいたりするんですね。


で、なぜ‼︎卒乳に対しての世界平均年齢を紹介したのか?

なにも、4歳くらいまでオッパイをあげて下さい‼︎って脅しているわけではないんです。

「1歳が来ても、なかなかオッパイをやめようとしないんですが‥。」と、悩んでいる方に‥

「大丈夫‼︎そんなに悩まないでね。世界平均年齢は4.2歳なんだよ!」って伝えたかったからです。


じゃあさ‼︎【卒乳の正しい時期は?】

正解は、参考者や雑誌に書いているんではなくて、母親とお子様、【親子で決めて下さいね!】なんです。

お子様がまだオッパイが欲しくて、母親がオッパイが出るのならば、無理せずにあげて下さい。

お子様がまだオッパイが欲しいんだけど、母親がオッパイが出ない場合は?無理せずにミルクをあげて下さい。

オッパイ(母乳)でもミルクでも、大事なのはどちらをあげるではなくて、あげ方、飲ませ方が大事なんですね。

オッパイをあげる時、ミルクをあげる時、お母さんがスマホでゲームに没頭しながらあげちゃうよりも‥

しっかり肌と肌を合わせ体温を伝え合いながら、目線を合わせ、穏やかに微笑み、優しく声をかけることが鍵を握っているんですね。

無理のない卒乳を親子で♡


と、いった内容を本日のラジオではお話しています。ラジオを見逃しちゃった方は、YouTuberチャンネル「富岡保育園付属大学」を検索して頂ければラジオをコピペして配信しておりますので、是非‼︎

はじめましての集い
2021-04-01
そうだ、富岡北地区を歩こう

こんにちは。年度末最終日をブログ読者の方はどのようにお過ごしですか?とみほ村にはツバメが巣を作りにやってきているみたいです。

(今年度も幸運をもたらしてくれることを願っています。)


さて、村長の村上はというと‥村の庭を見渡しながら優雅にボケーっとしています。お庭には子どもたちが遊んだ残り香も感じられるわけなのですが‥端々には、季節のお花もあったりするわけです。植物の大好きな富岡保育園の保育者が毎日こまやかにお手入れされている残り香も一緒に感じられたりするわけです。(ヒメリュウキンカ、チューリップ、スイセン、などなど※村上が花に詳しくないので紹介し切れないなのが残念。)


優雅な村上は、とみほ村からも、ちょっくら出て富岡北地区を散歩もしてきました。ブログ内でも紹介しました、ご近所の富岡公園や徳民於賀神社に咲き誇る桜にはじまり、応神山の麓付近をボツボツ歩いて行きますと。桃の花が満開な場所もあったり。また道端には、春の草花が何種類も発見できたり。(←名前が分からないのですが、小さな草花も和みます。今の季節、本当に‼︎オススメの散歩コースですよ‼︎)


さて、とみほ村に植えられている植物や、地域の桜や草花に、心潤わされている村上。ふと、こんな問いが浮かびました。

「もしも、とみほ村から植物が一切無くなったら⁉︎富岡北地区から畑や田んぼや草花が無くなったら⁉︎」

もちろん、家電や家具などひと通り揃っていれば生活はできるんだと思います。けれども、果たして“心豊かな暮らし”だと言えるでしょうか。庭があったら、お花が活けられてあったり、道端に草花が生えてたり。当たり前にあると思っているものが、実は自分の心を豊かにさせてくれていることに改めて気づいた本日。日々お世話をして下さっている方々や、太陽や土や雨などの自然事象に感謝し続けたいと思います。

保育園駐車場裏映えスポット
2021-03-31
動線を、かき混ぜてみると⁉︎

皆さま1日お疲れ様です。本日は新年度へ向けて、各お部屋のゾーン環境見直しなどなど“模様替え”が行われていました、とみほ村の富岡保育園です。

ゾーンって!?例えば、ごっこ遊びの場所であったり、製作をする場所であったり。ただ、場所を固定するのではなく、製作して作った作品を用いてごっこ遊びをしたりと、遊びと遊びがコラボし合う、掛け合わさっていくようなイメージで考えていただければ良いかと思います。

基本的には、子どもの発達や、子どもたちで流行している遊びなどなど、子ども主体でゾーン環境を見直すのですが‥

この度は、あえて、保育者主体でゾーン環境見直しをしました。加えて、食べたり寝たりする場所なども見直してみました。


同じことをするにしても、場所が変われば、動線って変わりますよね?

せっかくスムーズに動けていたのに、場所が変わったことにより、遠回りになったり、または足をぶつけてしまう恐れだってありますよね?

なんで、わざわざ、“今まで”遊んだり食べたり寝たりできていた、場所を変えたのか?暮らしの動線が変わっちゃうと困りませんか?

との、意見があって当然なのです。そして、実はねらいはそこにあるんですね。

(↑「えー、どーゆーこっちゃ!」って思いましたよね?)

『子どもや大人の暮らしの“動線”をかき混ぜてみると、どうなるんだろう?』という実験です。もしかすると、スムーズにいかなくなったことで、新たな気づきが生まれるかもしれない‼︎もしかすると、効率が悪くなることで、子どもたちの発達に良い影響を与えるかもしれない‼︎もしかすると‥


そうなんです‼︎“もしかすると”動線をかき混ぜることによって、今まで学べなかったことが学べる利点があるんです。“今まで”にこだわると、学びも“今まで”におさまっちゃうんですよね。2021年度も学びに貪欲でありたい富岡保育園一同です。

※実験結果はブログ内で随時報告していきますね。

2021-03-30
古民家“あるある”を活かす

突然ですが、ブログ読者の方で、幼少期や学童期に、“古民家”にお住まいだったご経験のある方なんていませんか?

実は、副園長の村上の実家も、“古民家”なんですね。富岡保育園(旧庄屋阪本家)のように江戸時代に遡るまではいかないまでも、梁や柱や箪笥などなど当時の大工さんが建てた味わいが残っていたりもします。

それで、幼少期の頃に、ある遊びをしていたことを、さきほど思い出したんです。(幼少期に限らず、つい最近では、ガン治療で休職中にもしていました。)

それは‥「天井の木目を〇〇に見立てて妄想する」です。

(↑文章だけ見ると、かなりヤバいやつに思われますが、たぶん、“古民家”に住んだ方は一度はしている遊びです。)

木の木目って、よくよく見ると、何かに見えてくるんです。

そして、よくよく見るためには、僕たち現役世代のように忙しく働いていたりするといけないんですね。“時間に追われない時間環境”が絶対条件なんです。


なんで、こんな常軌を逸したお話⁉︎をしたかと言うと‥本日から、乳児が主に生活するスペース(空グループ)のお部屋を修繕しています。空グループのお部屋は元々は蔵だったんですね。この度は、一階部分の梁や柱は、クロスを剥がして全て剥き出しにしました。木の木目が見えるように。

ねらいがお分かりでしょうか?

受験勉強や営業ノルマの無い、時間に追わない時間環境にある乳児に、「木目を〇〇に見立てて妄想する」遊びをして欲しいのですね。

ねらいに対して、乳児たちがどのような反応を示したか?研究しますので、結果についてはまたブログ内でも報告しますので乞うご期待下さいね。

2021-03-29
2021年度“副園長”危うし⁉︎

突然ですが‼︎ブログ読者の方は「不言実行タイプ」ですか?それとも「有言実行タイプ」ですか?


副園長は間違いなく後者の「有言実行タイプ」です。なのですが、有言実行と言っても‥『言葉にしなきゃ実行できないタイプ』なんです。本義である“言葉にしたことを全て実行できる”なんてカッコいいもんじゃありません。意思がまったくもって弱いので言葉にすることで自分にハッパをかけているんですね。


さて、明日は、とみほ村にあります富岡保育園の年に数えるほどしかない全職員が面を揃えての年度末会議があります。

メインテーマは『法人の理念』『園の理念』『村の理念』の共通理解にあります。社会福祉法人伸成会理事長、富岡保育園の園長、とみほ村の村長が、理念を“言葉”にして伝える時間です。

なぜ、毎年毎年、毎度毎度、理念を発して理解する時間を設けるのか?

「毎回毎回、同じことを言うのなら、時間の節約に省きませんか?」ってツッコミがあってもおかしくありません。

けれども‼︎

絶対に省けないのが“理念”を言葉にする時間なんです。

毎年毎年、毎度毎度、同じ“理念”を聞いたとしても、発する側個人の成長度合い、聞く側個人の成長度合い、によって、理解の深まり方が変わっていくからです。発する側は“言葉”にすればするほど、やはり自分に対して厳しくならざるを得ませんし、聞く側も“言葉”を受ければ受けるほど、当事者としての意識が高まらざるを得ません。


2021年度は、今以上に“理念”を磨きあげ、実現に向けて変化を厭わない覚悟であります。

2017年、11月より始まった保育実践改革。子どもの発達に寄り添い、担任やクラスなど、あらゆる“当たり前”に対して試行錯誤を起こしてきました。どこの園でもあるような独自ルールに対しても、1つずつ見直してもきました。

ただ、2021年度からは、さらにあらゆる“当たり前”と向き合っていく必要があるんだと思っています。なぜなら、岡山県笠岡市は少子高齢化のど真ん中であるからです。これから5年以内に、他の地域でも起こる現象として、「待機児童がいなくなり、保育施設と保育士が余る」ことになってきます。

「え!?うそ!?保育園、保育士って足りないんじゃないの?」っていう時代は5年以内に終わります。

昭和・平成時代のルールで、保育デザイン、働き方デザインをしていれば、時代の変化に取り残されるのは目に見えていますよね。


「保育士って、可愛いエプロンつけてピアノを弾きながら子どもたちに明るく振る舞いながら、1日8時間勤務で、残業や持ち帰りの仕事が多い、過酷な職種でしょ?」の時代は終わろうとしています。(←それでも、「いや、保育士たるもの、そうあるべきだ!」との意見はもちろん尊重します。)


上記に対して、「私は、週に2日は保育士してて、家でハンドメイド作家とYouTuberやってますよ。職種で、その人の在り方なんか決まるのなんてダサくない?」って新世代の方々が言う時代もすでに来ている肌感です。

「保育園で三未とか三上(3歳未満・3歳以上)って言い方してるけど、もちろん“三つ子の魂百まで”って言葉もあるんだけど、科学的には〇〇で、その分け方って‥」

「保育園って、園長先生がいて、主任先生がいてってのが“当たり前”ぽいんだけど、施設の規模によって、役割や役職って‥」

「そもそも富岡保育園って副園長いるの‥」

などなど。(副園長村上危うし)


2021年度は、上記以上に、保育業界に限らず、社会の“当たり前”に向き合わざる得ない年になりそうだな〜と、正直めちゃくちゃワクワクドキドキしている村上からのリポートでした。


※さきほど、ある学校の教育課程編成資料を見させて頂きました。全てを公開する勇気は子どもたちの未来に責任を持っている証だなと、最大の敬意を示させて頂きました。ただ、何点か疑問に思ったことがあって、その1つに「無言清掃の徹底」があります。かなりお節介なのですが、無言が目的なのか、清掃が目的なのか、「手段が目的化していないだろうか⁉︎」と考えてしまいました。ブログ読者の方は「無言清掃の徹底」についてどのような意見をお持ちですか?是非お話しお聞かせ頂ければ、参考にしたいと思います。

卒園生が園児を見守る
2021-03-28
多様性を認め合う、卒園の日

皆さま1日お疲れ様です。本日は富岡保育園、卒園児をお祝いする会「またねの会」が無事執り行われたことを報告させて頂きます。

服装や家族構成など、様々であり。七五三の様な衣装につつまれた子どももいれば、いつものラフな格好の子どももいたり。もちろん大人も、スーツで決めた方もおられれば、ジーンズをさらりと履きこなしておられる方もおられたり。母と子ども2人で来られる家庭もあれば、学生のお兄ちゃんやお姉ちゃんも同伴の家族勢揃いの家庭もあったり。

「またねの会」への参加の仕方については、おのおので様々でした。そして、様々なんだけど、みんなが『今日は良い日にしよう』との気持ちがヒシヒシと伝わる会でもありました。

園児が花束と手紙をお世話になった全ての先生に渡す場面もあったり‥保護者の方が手紙で園への感謝の気持ちを伝える場面もあったり‥ご近所のボランティアによく来て下さる方が、園児にプレゼントを渡す場面があったり‥保育者と保護者で園生活を回想しながらお礼を伝え合う場面があったり‥「またねの会」の一瞬一瞬に、感謝と感動と込められていたように感じました。


最後に‥保護者の手紙から一言だけ紹介させて下さい。「子どもはもちろん、私も仕事へ行く前に子どもを送る際、先生方から“いってらっしゃい”と、毎日励まされることで仕事も頑張ることができました‥」


感謝に溢れた言葉に、富岡保育園の心は大変潤った、とても素敵な日になりました。

ご卒園おめでとうございます。私たち富岡保育園を信じて今日まで無事通園して下さったこと、大変感謝しております。ありがとうございました。変化の激しい時代ではありますが、富岡保育園で乳幼児期を過ごした子どもたちは、必ずや自分で自分の幸せを見つけることができると信じています。また、悩んだり挫けたり、子どもたちはもちろん保護者の方だって、いろんなことがあるんだと思います。そんな時は、いつでも、いつまでも、富岡保育園は皆様の“味方”です。“おかえりなさい”で迎えさせて頂きますので、気軽にお立ち寄り下さいね。それでは、また会う日まで。「またね〜♡」

2021-03-27
名残惜しむ姿が眩しくうつる

皆様1日お疲れ様です。さきほど明日の「またねの会」(卒園をお祝いする会)の準備に参加させて頂きました村上です。

とは言っても、今日は朝から、どこやかしこで先生たちが、子どもたちが、ホウキや雑巾を持って、いたるところをピカピカにしていました。保育園生活への感謝が手つきに現れていました。(←上手いこと書こうとしたのではなく、本当に。「先生‼︎今度ココ綺麗にする‼︎」と、普段では目につかない所までもお掃除していました。)


そんな明日に卒園を控えた子どもたちの中では、本日、あるキーワードが会話の端々に見られたようです。

それは‥

『最後の〇〇』です。


お昼ごはんの際‥「これが、“最後の”保育園での給食じゃけん‥」

お外で遊んでいると‥「これが、“最後の”保育園での鬼ごっこじゃけん‥」

なんなら手を洗っていると‥「これが、“最後の”保育園でのアワアワ使うんじゃけん‥」

一挙手一投足に『最後の〇〇』のオンパレードでした。


名残惜しむ気持ちは、子どもたちだけではないようです。保護者の方ももちろん。明日の「またねの会」にご都合で出席できないお父さんやおばあちゃん、おじいちゃん方など、「長い間ありがとうございました。」とお礼を言いつつ‥送迎時にたくさん子どもたちと遊んで下さる方などは「おじちゃん、今日で“最後”なんよー!!!今まで遊んでくれてありがとう!」と、子どもたちに別れの挨拶をしながら、名残惜しむ姿が夕暮れとともに眩しくうつりました。


明日の「またねの会」では、子ども・保護者・保育者、参加者みなが、笑顔と感謝を巡らせ、素敵なお祝いの日になればと願います。

2021-03-26
副園長村上のラジオ放送時間が4月から変更になります‼︎

皆さま1日お疲れ様です。木曜日と言えば⁉︎そう‼︎エフエムゆめウェーブ生放送ラジオ「富岡保育園付属大学」の収録をして参りました村上です。

※4月1日(木)から、番組編成が行われて時間が変更になります‼︎木曜日お昼の13時からです。(再放送は19時から)ご都合の合う方よろしくお願いいたします。


それでは、久しぶりに‥子どもの姿を中継させて頂きます。(保育園の公式ブログにも関わらず副園長の私的情報が目立っておりましたことお詫び申し上げます。)


16時あたりの、とみほ村、裏庭での出来事です。裏庭には、2.3.4.5歳児のほとんど⁉︎が、思いも思いに、気の合う友だちや仲間と遊んでいたわけなのですが。

遊具庫の中に、2人の男の子がいました。とみほ村の遊具庫は、跳び箱やマットなどの運動用具や玩具が収納されているようではありません。スコップやお皿など収納されているようで、ほとんどどこかへ出払っています。どこへあるのでしょうか。ブログ読者も探してみてね。たいてい大人では分かりにくい視線の辺りに隠していたりもするわけです。

そんな、ほとんど物が出払っている遊具庫は、子どもたちの世界では、秘密基地を作りやすいスペースでもあります。よくビールケースやタイヤなどを遊具庫と組み合わせて、自分たちの陣地を作っていたりもするわけですが、今日はと言うと、ほとんど何もない空き家状態の中に、2人の男の子が一階部分の隅にいたわけです。

男の子たちの手の側には、小さなカップが数種類並べられていました。1つのカップには、ドロドロの泥んこが。もう1つには水が。もう1つには、土が。他にも土っぽい砂、コンクリートの破片、木くず‥などなど。2人で何やらヒソヒソと話しながら、ドロドロの泥んこに調合しています。


もちろん2人の男の子たちは、遊んでいるつもりだと思うんです。おもしろいから、いろいろな材料(土などなど)を集めたり、作ったりしながら調合して楽しんでいるんだと思うんです。「コレを混ぜたら、どうなるかな?」と思いを馳せながら、ドロドロの泥んこに調合していっているわけです。

この場面から、保育のプロ、幼児教育のプロは、専門家は、「ふんふん、この場面は〇〇と〇〇と〇〇の力が育っていて、心の〇〇が働いていて、それは身体にも〇〇である。また友だちとの関わり合いは〇〇で‥。」と、解説しなきゃなんないんだと思うのですが。このたびの村上は、一言「おもしろい!すごい!」とだけで解説を済まさせて頂きます。ただただ、2人の男の子の姿に見惚れてしまいました。


調合を重ねる
2021-03-25
富岡北地区まちづくり協議会

こんばんは。さきほど「富岡北地区まちづくり協議会」理事会に参加してきました村上です。富岡保育園が所在します岡山県笠岡市富岡北地区にあって、地域のまちづくりを企画・実施している方たちです。


ところで、「なんで、私立の保育園の副園長が、地域のまちづくりの理事になってるの?」

って、ツッコミを入れて下さった方おられると思います。

副園長の村上は、富岡保育園に勤めてかれこれ15年ほどなのですが、実は地域の方の顔を知っているようで、大して知れていませんでした。お会いすれば挨拶をする程度で、「〇〇さんは、〇〇のあたりに住んでいて、〇〇な性格で‥」なんて、お付き合いはまったく出来ていませんでした。

それが、この度、ひょんなご縁から‥幕末に備中松山藩で活躍された「山田方谷」が、なんと‼︎富岡保育園が保育園となる前「庄屋阪本家」であった頃に、山田方谷が1か月ほど滞在していたんだとか。そして山田方谷について研究されている方たちの中で、富岡北地区まちづくり協議会の方がおられたんですね。その方たちが富岡保育園へ来て下さるようになってから、流れにのって、副園長村上は、富岡北地区まちづくり協議会の理事にお誘い頂けることになったんですね。本当にありがたいかぎりです。


「地域の保育園!保育園は地域あっての!」って、口では言ってみるものの、実は地域について、地域の方について、知る努力を怠っていたことを痛感する今日この頃なのですが‥富岡北地区まちづくり協議会に入って、地域の方とコミュニケーションをする回数が増えるとともに、実はある変化の兆しを感じていたりもします。

それは‥

地域の方たちの、暮らしの片隅に、保育園・園児について考えていただけることができるようになったことです。

例えば‥

「昔、〇〇の景品で〇〇をもらっていたんだけど、保育園で使う?」

「子どもらが外で遊ぶ時、ビニールシートも良いけど、イグサのゴザも良いんじゃないかと思って持ってきたんだけど。」

などなど、地域の方たちの想いと思い出と物が富岡保育園へ循環してきて下さるようになってきました。


※実は来年度、私設公民館「とみほ村文庫」を開設しようと企らんでいたりもします。その際には、本を買うのではなく、地域内外の方から、「この本、誰か読んでくれないかな。」と想いのある本を集めて陳列する予定なんです。さっそく、富岡北地区まちづくり協議会の理事の方々には、大切な本を数十冊頂きました。(←頂いた本を拝見させてもらうと「〇〇さんって、〇〇が好きなんだ〜!」って、人柄が垣間見られたりもして面白いんですね。)


★富岡北地区まちづくり協議会の活動について、ご興味ある方、是非お問い合わせ下さい。4月1日には企画会議(富岡会館)、4月28日には理事会(富岡保育園)があります。※見学も可⁉︎だと思います。(←見学したい方は、とりあえず富岡保育園の村上までお問い合わせ下さい。会長に打診させて頂きます。)


富岡保育園の子どもたちが安心して遊べる、先生たちが安心して働けるって、実は地域の方たちが温かく優しく見守って下さるお陰様なんだなと改めて思う本日です。

いつもありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

2021-03-24
卒園生よりも青春したい村上

皆さま1日お疲れ様です。卒業シーズンと言えば⁉︎卒園生が中学や高校などの進学等の近況報告に来園してくれる、保育者冥利に尽きる、「大きくなったな〜♡」と感動するシーズンでもあります。

本日も数名来てくれていたんだけども‥小学校や中学校はバラバラでも「保育園が一緒だった」っていう繋がりで、SNSなどで連絡を取り合い訪れてくれたんですね。記憶があるかないか微妙な年齢の保育園時代の繋がりを大切にしてくれているって‥


素敵すぎますよね。


ついつい感動しちゃって、富岡保育園の保育実践改革について熱弁しちゃいました。「みんなが保育園の頃の10年前は〇〇だったんだけれど、今は〇〇なんよ。なぜならば‥」

保育や教育についての仕組みについて、15歳だろうと、20歳だろうと、50歳だろうと、僕は同じように話します。意外にも現役学生たちのほうが「へー。なるほどなるほど。ふんふん。そうなんだ〜。」って、自分たちの今との比較をしながら聞いてくれるので、腑に落ちてくれたりもします。

「自由に遊んでて楽そうに見えるんだけどね。子どもたちって、朝から“何して遊ぼうか”“誰と遊ぼうか”“じゃあ何の道具が必要だとか”“困ったらどの先生に助けを呼ぼうとか”ずっと、【脳を動かして考える】ことをしなきゃいけないんだよね。そして暇な時間には【脳を休めて整理する】ことをしなきゃなんないだよね。」

「だけど、先生が『はーい、今日は〇〇するよ!〇〇のグループに分かれて。手はお膝で待っててね。はい、呼ばれたグループから〇〇の道具を持ってきてね。はい、じゃあ、線を引いている部分を切って‥』って、やってると【脳を動かすこと】も【脳を休めて整理すること】もできないよね?」

って説明を熱弁させて頂きました。聞いてくれてありがとね。


かなり個人的な話ですが、僕は卒園生に「あの頃、先生〇〇頑張ってて凄かったよね!」って言われるよりも

「先生、今は〇〇と〇〇と〇〇してて、凄いよね!」って言われたいです。

“あの頃”よりも“今”を見て憧れをもってもらえる大人になりたいです。そのためには、常に前向きにチャレンジし続ける姿勢と発信していかなきゃと、改めて励みになりました。

学生よりも青春したい村上からの中継でした!


※卒園生の皆様。卒業シーズンでもあり、各々「おめでとうございます。」もしも‼︎「富岡保育園へ寄ってみようかな~。」と、思ったら吉日‼︎是非勇気をもって足を運んで下さると「おかえり〜♡」と、お迎えさせて頂きたいと思います。知っている先生も、知らない先生も、賑やかな子どもも、笑顔でみんなを待ってます。「僕たち、私たち、富岡保育園は、いつまでもみんなの味方だよ〜♡」

2021-03-23
大学生の卒論に掲載されたよ

皆様1日お疲れ様です。夕方、保育LABO(村上の所在地)にこもっておりますと‥帰宅する園児たちの何人かが、門を出る前に覗きに来ては、帰りの挨拶をしに来てくれるんですね。

そして、さきほども。なんだけれども、珍しいお客さん(園児)でした。今週末に卒園するclassエジソンの男の子。普段は(村上の主観ですが)ヤンチャで、ときどき過ぎては、僕も含めて保育者によく叱られる子どもです。静かに保育LABOの戸を開けて「さようなら。」と静かに言って立ち去っていきました。保育園生活の終わりを感じているのでしょうか。後ろ姿がとても寂しく見えました。


少し感傷的になってしまいましたが‥本日のテーマにいきますね!


実は、このたび、岡山県笠岡市富岡保育園が、とある大学生の卒論の研究資料に掲載されました。それも、保育や教育関係ではなく、建築系です。(東京都立大学建築科)

学生の研究テーマは『古民家の保育施設への転用に関する建築計画論』です。

待機児童問題と、空き家問題を相互に解決する糸口を見つけようと、富岡保育園を含め、全国8園の保育施設を研究しておりました。

ちなみに‥

栃木県 小俣幼児生活団

茨城県 はじめのいっぽ保育園

静岡県 古民家保育園かえるの家

栃木県 陽だまり保育園

埼玉県 古民家保育園けやきの森

奈良県 上町保育園

岡山県 富岡保育園

掲載された施設内の写真を見るだけで「同志やーん‼︎」て、ウキウキしちゃいました。(資料を送ってとワガママを言って送ってくれて本当にありがとうございました。)

ちなみに‥

富岡保育園の概要紹介は‥

富岡保育園は敷地北側に応神山がある住宅街に佇む認可保育所です。母屋は江戸末期頃より廻船問屋として常に人々が行き交う場として、人々の想いが繋がってきた建物であった。認可保育所として現園長の祖母の代から現在まで続いており、「育てる子どもの力」も時代の変化とともに社会が求める人材も変化しており、複数に渡り改修を行い、適合させてきた。

また、保育者は偶然にも古民家で暮らす力は次世代に必要とされる人材の育成に適合しているのではないだろうかと評価しており、古民家改修の保育施設が増えることを期待している。

なんて、素敵な紹介文‼︎

ありがとう大学生H君‼︎


そして、ちなみに‥

大学生H君の、古民家を保育転用する際の、結論として‥

①物件の選定②改修③利用の3段階で考える必要性が挙げられておりました。

①物件の選定には、持ち家でない場合、交渉や契約などに時間的負担が大きくあり、公的支援が求められること。

②解決においては、小規模であれば比較的費用は抑えられるが、大規模になれば多額を要すること。

③利用においては、古民家の特徴を現す保育環境には、整備への課題があること。

(かなり省略しています。実際はもっと専門用語などもあり詳しく研究されています。)

以上を踏まえて、古民家の転用は、家庭に近い温かい雰囲気での保育が園児たちに安心を与えるだけでなく、基本的な生活習慣を身につけるためにも有効な環境である。

との、大学生H君の意見でした。

そして、最後に‥

保育施設への転用に関わらず古民家の保存・改修・転用には所有者、技術者、各自治体や国が総じて、日本の文化・歴史そのものである古民家の価値を後世に残すという意識を高く持つことが重要である。

と、綴られていました。

なんて、素敵な大学生H君の研究なんでしょうか‼︎ブログ読者の方も含めて、現代人が未来へ希望を繋ぐための、1つの方法を示してくれたように思います。


大学生H君‼︎研究の資料に使って頂きありがとうございました。ウイルス渦が落ち着いたおりには‥これからも必ず古民家を丁寧に感謝しながら利用していきますので、岡山県笠岡市富岡保育園まで絶対来てね‼︎お待ちしております。

2021-03-22
もっともっと早く早くの終焉

おはようございます。日曜日の村上と言えば⁉︎とみほ村玄関掃き掃除です。ブログ読者の方は年度末の休日どのようにお過ごしでしょうか?


あらためて、「昨年の今頃は~?」と振り返ってみると。とあるウイルス渦が始まりつつあった世の中でした。マスク不足混乱の手前だったでしょうか。たった1年で一般常識も変わってしまうんだなと痛感した年だったのではないでしょうか。

変化には良し悪しがつきもので、ついつい悪い方ばかりに目が行きがちなのですが。現代社会を支える資本主義経済「もっと、もっと、早く、早く」が見直される機会にもなったんだと思います。人間の暮らしが“活性化”の対となる“鎮静化”に向き合う時が来ているのかもしれません。

日曜日の朝からつぶやきました。おわびに‥以下は、ちょうど1年前の年度末職員会議で村上が現場クルーに伝えた内容をそのまんま添付しますので、富岡保育園の手の内を知りたい方は是非ご覧下さい。

2020とみほ村 地図帳


富岡保育園(とみほ村)=世界一幸せな居場所(持続可能性が伴う場所)でありたい。


保育=丁寧な暮らし

丁寧とは?具体的に考える必要性に問われています。


暮らしの中で最も考慮する内容とは?

特にコロナウイルスで騒がれている世の中だからこそ力を入れて取り組みたい分野。


1つに‥健康

健康とは?「心・体・社会的(生きがいや生きる意味)」の3つの要素からなる。

単に病気や怪我や虚弱でないことを示すものではない。


健康だからこそ予期せぬ出来事、逆境の中でも生き抜く力がもてる。(現代、子どもはもちろん大人も最も必要な力)


保育を「見守る保育」から再考し4年目に突入‼︎


どのように「見る」か?

どのように「守る」か?


改めて「見る」に力を入れ直す2020‼︎


「守る」環境構成(人・物・空間‥時間)


最大の環境‥『人』

『人』保育者がどのように「見る」か?

『人』働き方(暮らし方)を再構築し、暮らしの中に保育があるlifeworkを充実できるよう。


「物・空間・時間」持続可能性を意識し実践しなければならない私たち僕たち。

なぜか?「未来への責任があるから」です。あなたはどのような未来を残したいのですか?


参考例【SDGs】(持続可能な開発目標)

1.貧困をなくす

2.飢餓をゼロに

3.すべての人に健康と福祉を

4.質の高い教育をみんなに

5.ジェンダー平等を実現しよう

6.安全な水とトイレを世界中に

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

8.働きがいも経済成長も

9.産業と技術革新の基盤を作ろう

10.人や国の不平等をなくそう

11.住み続けられるまちづくり

12.つくる責任 つかく責任

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸の豊かさを守ろう

16.平和と公正をすべての人に

17.パートナーシップで目標を達成しよう



具体的に持続可能性を伴う保育実践するためには?

難しく考える必要は無く、できることから始めよう!


:子どもの玩具昨年度の保育研究記録から「見立て遊び」が発達に大きく関与する。(廃材や新聞広告、包装紙などの最大利用)

大人が作ったり、玩具を購入する有無を再度考え直そう。


:消耗品の捉え方。また未来へ残すべきものへの投資。

地球規模で考えると難しいので、まずは家庭レベル、家計簿をつける時も投資先について考えてみよう。あなたが節約するのは、子どもの教育⁉︎それとも大人の何か⁉︎どこに価値を置いて暮らすかで投資先も変わる。節約するために、国産米から外国産米に変えますか。


などなど。


持続可能性を伴って、『具体的に動いて具体的に保護者や社会へ発信していく責任』が私たち「世界一幸せな居場所」である富岡保育園(とみほ村)にはあります。


具体的に動くためには?


まずは‥より丁寧に『見る・守る・暮らす』ことではないでしょうか。



1年間の計画】

フェス・中四国GT研修計画中止の方向で検討しております。


年間のイベント計画主任より


園内研修計画副園長補佐より


■Saturday会議計画副園長補佐より


家庭応援計画(家庭訪問や発達支援など)子育てマネージャーより


【職務分担の確認】

以下の表をご参照ください。記載事項はあくまでもの内容です。相互協力あっての職務分担と捉えて下さい。


もちろん計画や職務分担の根底には「より丁寧に見る・守る・暮らす」です。


『自ら考え判断し行動する』(遊べる子ども)そんな人間に育って欲しい園目標。そのためには、大人ももちろん『自ら考え判断して行動する』人間でありたいと思います。今回の【とみほ村地図帳】は【自ら考え判断し行動する指針】として使って頂ければと願います。


年度始めに、じっくり煮込んだお話をさせて頂きました。どんな味になるかワクワクしております。宜しくお願い致します。





そして、現在2021年度トミホクルー行動指針を作成しています。上記について1年学んだことや社会情勢を踏まえてアップデートしていきたいと思います。


2021-03-21
とある大学教授へのお手紙

こんにちは。畑では園庭長がゴソゴソと、裏庭で事務長がゴソゴソと、春日和を満喫できるよう環境整備されております、とみほ村から本日もブログを配信させて頂きますね。


本日の内容は、とある大学教授あてに手紙のように綴らせて頂きたいと思います。

(その前に、経緯を説明しますね。)

実は、岡山県内の、とある大学に「コロナ禍でも希望をもって保育士資格をとってね」との応援メッセージ動画を昨年秋に一方的にプレゼントさせて頂きました。動画の内容は、とみほ村の“ありのまま”の暮らしぶりです。

そしてこのたび、とある大学の教授から「先日頂いた応援動画を、大学1年生の実習日誌を書く練習の授業に使わせてくれませんか?」とのお願いがありました。もちろん、「教授が使えると判断して下されば、是非‼︎」とお答えさせて頂きました。

そんでもって、授業後の学生のレポートを送付して頂けたんですね。教授にとっては、「指導が行き届いておらず、申し訳ありません‼︎」との気持ちもあったと思うのですが、僕(村上)にとっては、「大学1年生という、保育の一般常識に染まっていない学生の意見は、めちゃくちゃ参考になって、ありがたいです‼︎」なんですね。

だからこそ、少し申し訳なく思われてしまった、教授へ、少し村上の方からフォローをさせて頂きたいと思います。

親愛なる、とある大学教授へ

若輩者ながら‥。とあるウイルス禍でも熱心に、学生に希望の光を照らし続けておられることに敬意を示しつつ、手紙を綴らせて頂きます。

学生の考察部分を熟読させて頂きました。とても的を得ている意見が多く、感性豊かな学生が多くおられるのだと思いました。

実は、富岡保育園(とみほ村にある一軒の保育園)の暮らしぶりを、既存の実習日誌にまとめることは、ほぼ不可能なんです。なぜかって、保育者がクラス単位や、年齢単位、時間単位で、コントロールする暮らしを極力やめるように配慮されているからです。(一時期、園内の時計を撤去していました)なので、上手くまとめれなかった学生は、実は大正解なんです。富岡保育園の意思を素直に受け止めて動画を鑑賞して下さったんだと思います。

学生の考察の中で、“先生の登場シーンが少ない”とありました。これも、実はめちゃくちゃ的を得ていて、富岡保育園の保育者(トミホクルー)は意識的に行っています。富岡保育園では、実習日誌の文言で出てきそうな「〇〇をさせる、〇〇にうながす、〇〇を教える、〇〇を指導する」といった常識ぽくなった保育活動に対して、一つずつ疑問を持ち、問い直しながら保育活動をしております。あらためて、「保育者が〇〇をさせると、子どもは〇〇の成長を遂げる」といった図式について、「ホントに⁉︎保育者の立場が少しおごっていないかな⁉︎」と向き合う時が来ているのではないかな?との問題提起でもあるんです。

もう少し続けさせて頂きますね。

次に、レポートに綴られていました「富岡保育園は自由保育なんですね」について、あらためて、学生や教授の方々も含めてお尋ねしたいのです。「自由って何なのでしょうか?」「保育って何なのでしょうか?」ここに対して、きちんと答えることができないままだと、富岡保育園の保育活動を考察すると、大きな誤解理解になってしまいます。

※もしも、富岡保育園での「自由とは?」「保育とは?」を聞きたい!という学生がいましたら、ボランティア授業でも何でもします!

でもって、一つだけ誤解理解されていた内容が多くあったので、説明させて下さい。レポートに“保育者が深く関わらず”の表現があったのですが、全くの逆だよー‼︎とお伝えしたいんです。

東京大学遠藤教授の「安全基地の輪」という表現にも通じるのですが‥

保育者と園児の距離は、互いの『信頼関係の距離』でもあるんです。信頼しているからこそ、実際の距離は離れていても、子どもを信じて遊びを任せることができるんです。保育者のところへは「安全基地であるかの確認」で充分なんですね。その際に、笑顔で気持ちをまるごと包むことが大事であって、大人が子どもをコントロールすることは不要です。逆に言えば、保育者が子どもに実際の距離で言えば近く、1から10まで指導していたとしたら、信頼関係が結ばれておらず、信じて任せることができない浅い関わりなのかもしれないのでは⁉︎と問い直すこともできるかもしれません。心に深く関わっているからこそできる富岡保育園の保育活動なんだと、誤解を解かせ下さい。


このたびの“素直な”レポートを綴ることができる学生が、保育現場で活躍する日を心待ちにしております。学生が希望をもち続け保育に携われるよう、私たち保育現場は責任をもって、保育の質を常に向上するため学び続けたいと思います。

今後も、未来に希望を繋げるために、協力し合える関係でありたいと願っております。学生、ならびに教授の方々、心身をどうぞ御自愛して下さい。


元保育材料収納スペース
2021-03-20
【遊びをデザインする余白】

皆さま1日お疲れ様です。本日は先週受けましたガン再発検診(PET CT)の結果を聞きに診察へ行ってまいりました村上です。

ブログ読者の方にも、治療当時から応援して下さる方が多くおられますので、きちんと報告していきたいと思っています。

この度は‥あやしい場所が見つかり、ただの炎症か、又は悪性であるか判断がつきませんでしたので、来月再検査することになりました。

冷静に考えると、常に“死”を隣り合わせで感じられることは、日々の暮らしをまったく違う風景にさせてくれたり、ありがたいことでもあります。

家族や友人、仲間の声に感謝し、とみほ村で賑わう子どもたちの声に感謝し、あらためて1日1日を丁寧に生きていきたいと思います。そして、現実にかかえている、とみほ村の問題、富岡北地区の問題、笠岡市の問題、日本の問題、世界の問題に、“当事者”として責任をもって向き合いたいと。それこそが『子どもたちの未来へ希望を繋げる』ことなんだと思っています。


★とみほ村ワンコインランチについて

現在4月からのオープンに向けて調整中であります。目的は『人と人との繋がりを確認し合う』です。食材やウイルス対策なども含めて、“事前予約”を必須としています。

お問い合わせはホームページTOPの富岡保育園電話番号、又は村上まで(09X33715648)


※本日の写真は、昨日の『デラックスらんらんピクニックday』でのお弁当を食べるシーンです。classエジソンの数人の子どもたちは、自分たちで「ピクニックの計画表」を作成していて、準備物や場所や、一緒に食べる友だちなど‥当日までに綿密に計画を練っていたようです。もちろん‼︎classエジソンの子ども全員が取り組んでいたわけではありませんし、保育者が準備して作らせたわけでもありません。あくまでも「ピクニックを楽しむために、自分でできることとは⁉︎」を考えた結果だと思います。【遊びをデザインする余白】があるからこその子どもたちの主体的な取り組みです。

ピクニック計画表
2021-03-19
DXらんらんピクニックDAY

皆さま1日お疲れ様です。卒園生たちが続々と進学や就職など近況報告しに来て下さり嬉しい気持ちになっている村上です。先生冥利に尽きますね。


さて、本日の富岡保育園は‥

『デラックス‼︎らんらん‼︎ピクニック‼︎DAY‼︎』

どんだけ、ウキウキ、ワクワク、ドキドキするイベント名なんですか‼︎

って、ツッコミを入れたくなったブログ読者の方‼︎僕も同感です。

富岡保育園から徒歩10分圏内(大人であれば5分程度)にあります、富岡公園へ、全園児・職員で歩いて行きました。そして、公園で遊んだり、お弁当を食べたり。ポカポカ陽気のお日さまのもと、あと少しで咲きそうな桜の木が辺り一面に囲まれたなか、子どもも大人も大満喫、happyな時間を過ごしたようです。保護者の方の手作り弁当箱を開ける瞬間の子どもたちの表情ときたら、保護者の方の愛情をまるごと包んだ、タルンタルンの笑顔でしたよ。


園のご近所に、安心して子どもたちを連れていくことができる公園(富岡公園)があること。当たり前ではなく、地域の方(富岡方地区まちづくり協議会の方を含め)の日々のお掃除や花壇のお手入れなどが行き届いているからであり、感謝を忘れず今後も利用させて頂きたいと思います。


★ブログ読者の方へ。とあるウイルス渦、休日など、お出かけ先に困ることがあると思います。そんな時は、自宅から近くの公園へ、お家から、おにぎりと水筒を持って出かけてみてはいかがでしょうか?コンビニ弁当や、外食、また大型ショッピングセンターなどでは味わえないhappyがあると思いますよ。

2021-03-18
応援し合える関係でいたい

皆さま1日お疲れ様です。プレオープンしています『とみほ村ワンコインランチ』が連日来客して下さっております。4月スタートに向けて、チラシなども作成してご近所や地域内外へ配布したいと思います。

(※もしも理念に賛同して頂き「うちの店にもチラシ貼って良いよ!」との声がありましたら村長村上がノコノコと伺いたいと思いますのでお知らせ下さい。)


さて、ブログやラジオ、YouTubeなどを通じて、「とみほ村に来てね!」「富岡保育園を応援してね!」と、発信をしています村上なのですが‥

理想的なのは、【応援し合える関係】です。応援されっぱなしは、とみほ村、富岡保育園、村上の利益ばかりを追求しちゃっていますよね。


もちろん、保護者の“子育て”に対しては現場クルーが毎日応援しています。“子育て”においての悩みだったり、相談だったり‥

自分の親であったり、友だちであったりには言いづらいんだけど、「保育園の先生」には言えることもあったりするんだと思うんです。その際に、富岡保育園では20代〜60代にかけての、保護者と同世代であったり、子育て中、または子育てが一通り終わっていたり、孫育ちに入っている保育者が、多様な共感力を持って応援しています。

上記に加えて、さらに『応援の幅』を広げられないだろうか?と考えてみた際に‥子育てだけでなく、現在取り組んでいる“お仕事”であったりなども具体的に応援できないかな⁉︎と。

そこで、3月から村だより(一般的には園だよりと呼ぶ配布物)に、『たまろう、とみほ村。』を添付しました。内容は、とみほ村に関わる、保護者や保育者や、富岡北地区の方の応援です。

※3月号では、マクラメ編み作家の保護者を紹介をしました。

※次号では、ママ整体をされている柔道整復師の保護者の紹介をしようと思っておりますので、乞うご期待下さい。


★「村長!村上!私の〇〇の活動、俺の〇〇の趣味、紹介して欲しい!」とのお声がありましたら、是非お知らせください。村長村上の独断になりますが「いいね!」と思いましたら「たまろう、とみほ村。」にて紹介させて頂きます。

たまろう、とみほ村。
2021-03-17
このページのトップへ